ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

スズキスペーシアを購入!他社検討から購入まで【納車から3日目での感想】

      2017/06/02

スポンサーリンク

嫁さんの車が大分疲れてきたので買い替えの為色々な軽自動車に試乗し、各社の良い部分などを聞いてきた。

とりあえず、タイトルにも書いたが最終的に購入したのは「スズキスペーシア」である。

スペーシア購入に至るまでの経緯などをこのブログでゆるりと綴っていこうと思います。

ホンダ、ダイハツ、日産、スズキから検討

1.日産デイズを試乗

2015年の初売りで一番最初に近くて、営業をしていた日産に足を踏み入れた。

とりあえず、このブログでも記載した日産デイズを試乗。

以前乗った事があったので、感触は分かっていた。

が、あくまで乗るのは我が嫁様。

試乗をしたのは勿論嫁さんでした。

乗ってみた感想は、目線が高くて運転しやすい。という事だったので見積もりを出してもらった。

が、驚いたのはこの見積もりである。

サイズ的には今あるビックスペースの車体程ではなく、ムーブやワゴンRと殆ど変らない。

目線が高いということで、少し運転のしやすさはあったが、このサイズの軽自動車の見積もりが乗り出し200万ということだった。

「これならトヨタのアクア買った方がいいかなぁ・・・」と思いつつ内容の説明を聞いた。

ナビやタイヤ、その他頼んでもいないオプションてんこ盛りの見積もりだった。

が、そのオプションを差し引いても乗り出し160万程だった。

 

嫁さんは営業でマイカーを使うので、かなりヘビーな使用量になる。

5年乗って次と考えたらこの金額は高すぎて、論外だった。

ということで日産デイズはこの日に土俵から外すことにした。

2.ダイハツタントを試乗

ダイハツのタントは嫁さんの周囲でも乗っている人が多いようで、嫁さんには一番の候補であることを伝えられていた。

ということで、気合いを入れてダイハツに行った。

正月休み最終日ではあったが、さすがにダイハツもこの日は営業していた。

 

タントに試乗したい旨を営業の方に伝えると、休みボケか?あまり良い顔をしなかった。

そんな状況を知らず、嫁さんはタントに乗り込み試乗をスタート。

広くて子供を乗せるのにも大分使いやすいし、運転もまぁ軽自動車であることを考えれば問題無しとのこと。

あとは価格である。

が、ここの営業マンはやる気が無いのか・・・。見積もりをお願いすると口頭で価格の案内を始めた。

オイオイ、普通なんか紙に印刷して持ってきてくれるじゃん。

あれが欲しいのよ・・・。と思いつつ、最終的に180万円位である事を告げられた。

なんか追い払われた気分で帰宅。

嫁さんの印象もあの営業マンではなく、ダイハツはいいや・・・。という印象になってしまったようである。

(もちろんダイハツの営業マンの方には素晴らしい方が多数いらっしゃるとおもいますが、ハズレを引いたと思います。)

ということでタントも無しになりました。

3.ホンダNBOXを検討、試乗。

ホンダNBOXは正直私が嫁さんにお勧めしました。

というのも、営業マンが良い方と知り合いで、見た目や走りは軽自動車の中でも群を抜いて良い!

ということで、その営業マンに連絡をとると直ぐにでも話をさせて下さいとのこと。

前回ダイハツで営業マンに批評があったが、今回それは絶対ない。

あとは車と価格である。

 

話をしてみると、やはり新車は高い。

タントと同じ位の金額が提示されたが、少しでも値引きはしてくれるとのことであった。

乗心地、内装共に嫁さんの評価は良かっただけに価格でつまずく。

 

そこで提案されたのが、新古車や展示車だった。

価格は140万円後半。

ん~~~~、悩ましい。

4.スズキスペーシアを検討、試乗。

実はスペーシアは検討してなかったのですが、通りかかった際に「お!」という価格の車が置いてあったので寄ってみる事にしました。

営業の方は支店長さんだったのですが、店頭に並んでいた車については他の方が担当しているということで営業マン変更。

割と明るい感じの営業の方だったので、話は弾みました。

車を見せてもらうと、オーディオレス、900kmだけ走った展示試乗車である為金額が120万円。登録からも3ヶ月程しかたっておらずいわゆる「掘り出し物」だった。

少し検討したい旨を伝えると、ナビとスタッドレスタイヤをつけて表示価格で良いということで超好条件をそろえてもらえた。

これは・・・ということでその場でホンダの営業マンに内容を伝え即決しました。

スペーシアを購入、感想

車内広々、走りもまぁまぁ。

660ccの車である事を考えれば「ママ」という立場の方が乗るにはそこまでエンジンがどうのとかいうことは考えず、最新の機能の揃った車がナビ付きタイヤ付きで120万は超満足。

車の色はブルーで、当初良い色だね。といっていたのでそこら辺も良かったようです。

本人は毎日新しい車で出社し、営業に出ているようですが今までより快適だと話してくれました。

image

まだ数十キロしかのってませんが、リッター16kmとのこと。

真冬の数値なので、ならせば17~18位は走るのではないかと予想しております。

子供達も広いスペースではしゃぐ場所が出来て笑顔。

ということで、良い車との出会いがあり非常に満足であります。

その後の関連ブログ:トヨタタンク、ルーミー値引き/実際の購入談

スポンサーリンク

 - 試乗レビュー【国産車】