ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

ネイルはすでにここまで来ていた!【調味料でネイルアート】

      2015/04/04

スポンサーリンク

 

 

以前アルミホイルをネイルアートに使ったホイルネイルを紹介しましたが、ネイルの世界はまだまだ進化を見せています。

 

日本のネイルパイオニア ローラが持ち込んだモノとは…?

2012年にタレントのローラさんが、ネイルクイーン2012の授賞式にて紹介したのがキャビアネイル。

l

ローラさんが火付け役となったキャビアネイルを皮切りに、塩ネイルが流行り、そして胡麻、七味唐辛子…と、調味料を使ったネイルアートが日々加速しています。

 

そもそも、ローラさんがイギリスから持ち込んだキャビアネイル、本物のキャビアではなく、キャビアを思わせる小さな粒をネイルに乗せるもの。

 

画像を見れば、赤白黒の小さな粒が生理的に受け付けない、という声も頷けます。しかし、これが世界のトップモデルに大ウケ。発色、持ちの良さもあって愛用者がじわじわと増えて行ったようです。

http://i.gzn.jp/img/2012/06/19/caviar-manicure/01_m.jpg

 

キャビアネイルを開発したイギリスのコスメブランドCIATE(シアテ)の広告が生理的にダメなだけで、ローラさんが上げた画像は確かに原色ピンクのベースに合っていて可愛い!これなら流行るのは頷けます。

 

小さな粒子を爪に乗せる、という発想から生まれた調味料ネイル

キャビアネイルは瞬く間に日本でも注目されました。

 

しかし、本家キャビアネイルCIATEは現在では簡単に手に入るのですが、ローラさんが紹介した時にはまだ日本には上陸していませんでした。

 

ですので、皆さん似たモノをネイルに使うようになったのです。

 

最初は手芸用のビーズ、それから塩になり、胡麻でも挑戦され、そして七味唐辛子に…

 

塩はパステル系のベースに合わせると、お菓子のようで可愛いと特に人気を呼びました。

全面に乗せるのも良いですし、一部にアクセントとして使うのも良いですね。

 

人気の理由は手軽にできること

ネイルは可愛く、時にゴージャスに爪を飾ってくれますが、やはりすぐにできる、手軽にできる方が好まれます。

 

塩を初めとする調味料なら、家あるのでネットで見つけたらすぐに試せます。

 

キャビアネイル、塩ネイルのやり方

キャビアネイル、塩ネイルのやり方は至って簡単です。

現在ではキャビアネイルキットが発売されていますので、説明書通りに行えば大丈夫。

キットにベースコート(透明)が入っているので、まずはそれを塗ります。

それからベースカラーを塗り、粒を振りかけ、優しく押さえて固定します。

15分から20分待ち、トップコートを塗ってよく乾かします。

 

オフは市販のリムーバーでOK。

 

塩ネイルはキットはありませんが、透明のベース、ベースカラー用マニキュア、塩(家庭用の調味料)、トップコートさえあれば大丈夫なのです。

 

 

 

自分で手軽にやることができれば、個性的なアレンジも自由自在に楽しめますしね。

現在はネットでキャビアネイル、塩ネイルのデザイン案が多数紹介されています。ぜひお試しください。

 

ここまでやるのか!とネイルにさして興味がない人も驚き注目していしまうのがネイルアート。

 

ネイルの進化にはこれからも目が離せませんね。

 

 

スポンサーリンク

 - お洒落, お洒落【女性】