ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

クレジットカード、会員証など25枚を1枚にまとめられるカード「Swyp」が登場!

   

スポンサーリンク

 

クレジットカードもこれ1枚で

お財布を占領している大半はカード類ですよね。

クレジットカード、キャッシュカード、ポイントカード、と店のたびにカードが違って煩わしい、クレジットカードも口座ごとに違うカードにしていて、支払いの際に面倒…という経験は誰でもあること。

 

Qvivrが1月27日にクレジットカード、デビットカード、会員証を最大25枚までまとめられるスマートカードSwyp(スワイプ)を発表しました。

43

Swypホームページ(英文)

http://www.swypcard.com/

 

どうやって使うの?

登録しておいたカード情報は、カード全面のボタンで切り替えが可能。

背面は磁気ストライプ、署名欄があり、通常のカードと同じ方法で使用できます。

 

クレジットカードの登録方法は?

Swypを使うには、スマートフォンとスマートフォンに取り付けられるカードリーダーが必要です。

 

磁気ストライプのあるカードしか対応できませんが、読み込んだカードはSwypに名義、セキュリティーコード、使用期限などカードの重要な情報が登録され、クレジットカード同様に使用できるようになるという仕組みです。

 

カードリーダーも、お店にあるような大きな機械ではなくこれもカードのように薄くて小型のカードリーダーですので、出先でギフトカードを登録することも簡単です。

3

 

セキュリティ面は大丈夫なの?

スマートフォンとペアリングする方式ですので、ペアリングしているスマートフォンから一定の距離を離れていれば自動的にロックされるようになっています。

 

逆に、ロックをされていてもPINコードの入力で使えるようになるので、スマートフォンを忘れても大丈夫。

 

もし両方を紛失してしまっても、スマートフォンのリモートワイプ機能で利用できなくすることが可能です。

 

また、Swypそのものにも名義登録が必要なので、第三者が勝手にカードを登録するということもできません。

 

SwypSはバッテリー式で、1回の充電で約2年使えるというから旅行や出張でもバッテリーが切れて使えなくなった、ということもありません。

 

現在唯一のデメリットは…

登録できるカードが現在アメリカのカードだけなのです。

しかし、順次使えるカードを拡大していく予定なので、日本のクレジットカードも登録できる日もそう遠くはないでしょう。

 

アメリカへよく出張する人は今から買っても便利ではないでしょうか。

 

価格は99ドルですが、先行予約すると49ドル。

今年の秋に出荷予定となります。

 

まだ先の話ですが、今年の秋ごろには日本でも本格的に展開するかもしれません。

カード類がかさばって大変!という人はぜひチェックを。

 

やじうまPC Watch http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/20150129_685916.html

 

スポンサーリンク

 - 最新情報