ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

関西発音ナビ【面白アプリレビュー】

   

スポンサーリンク

関西発音ナビ (1)

1.関西弁発音ナビとは?

最近、テレビなどのメディアの普及により関西弁が昔に比べてよりメジャーになってきている。しかし、関東の人によくありがちな、というか誤解されていることがあって、それはイントネーションというか正確にはアクセントというのだが、それがかなり違っている。かなり専門的になるが、大きく分けて関西のアクセントを京阪式アクセントまたは甲種アクセントといい、関東のアクセントを東京式アクセントまたは乙種アクセントという。基本的に音の形が根本から全く違うしその数も関西のそれの方が多いのだ。そのため、言い回しは関西弁でも関東のアクセントであればそれはとても気持ち悪い、関西弁でも関東弁のどっちでもない気持ち悪いものが出来上がってしまうのだ。関東の方だってちゃんとしたアクセントじゃなければ違和感を覚えるように、関西だってちゃんとしたアクセントでしゃべってもらわないとやはり違和感があるのです。しかも関西弁に関しては関西の人は非常に厳しいのだ。例えば同じ関西でも発音が違えばどこから来たの?となるし同じ単語でも複数存在する場合もあるのだ。しかし、そこは同じ日本国民同士。外国の方だって構わない。賛否両論あるが、少しくらいお国が違っても話してみたい気持ちもあるだろうから、これはそんな人に向けたアプリなのだ。

2.関西弁発音ナビの使い方

自分の発音を聞き取りたい単語をタップすると、その単語を関西人の方が発音してくれます。それに合わせて音を外さないようにマネて練習します。

3.関西弁発音ナビの費用

基本的にどれを再生しても無料です。

4.関西弁ナビの内容

このアプリに入っている単語は基本的に大阪で使われている方言がメインとなっていて、共通しているような単語はあまり含まれていません。そして、注意してほしいのはそんな共通している単語でも発音が同じ、ということは外来語でもない限りほとんど存在しないのです。例えば同じたこ焼き、という発音にしても関西の京阪式アクセントだと、高高高高ですが、違っていたら非常に申し訳ないのですが、関東の東京式アクセントだと低高高高ですよね。そういった部分にも注目して練習して、もっと関西のことを知ってもらえたらな、と思います。

5.関西発音ナビの注意点

ただ、このアプリは関西以外の人に向けて開発されているため、今となっては使わないこてこての単語や言い回しも含まれています。ややこしいですが、実際はそれらもれっきとした関西弁ではあるのですが、使う人の年代によっても使う使わない正直分かれます。特徴としては若い人ほど関西弁は薄くなっていきますし、年代が上がるほどこてこてっとした関西弁を使っています。しかもそれらも地域によっても使う使わないの差があるので、その辺りはゲームの一環ということで大目に見てあげて下さい。僕も実際使わない単語がいくつもあるので…。

6.関西発音ナビのまとめ

このアプリで覚えた単語で周りに関西人がいるならテストしてみてもらって下さい。きっとノリの良い方が多いので的確なアドバイスがもらえると思いますよ。話題という点ではとても楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

 - 役立つアプリ ,