ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

ブレイブフロンティアクエスト【アセクト荒地~リスティア神殿】

   

スポンサーリンク

アセクト荒地

「アセクト荒地」のクエスト数は5つです。それぞれクエスト名は「雷に焼かれた地」「舞い降りた賊」「妖艶な策士」「雷の化身」「紫電一閃」となっています。
このダンジョンはマグタガル湿地と同じく樹属性の敵だけがでてくるクエストなので樹属性のユニットを中心にパーティを組むと有利に戦えます。

今回もまたパーティメンバーを変更します。

「堅武帝ヴァンベルク」を外し有利である樹属性の「壊大姫神ルーリー」を再び加えます。

全体攻撃+高火力のブレイブバーストを持っているので攻撃力に関しては問題ないでしょう。

前回からですがこのメンバーだと若干防御に不安があります。回復薬の消費も増え、少し危なくなってきました。

そこで、調合屋のレベルを上げ、より回復量が大きい「強回復薬」を作ることができるようにしました。

強回復薬に必要な素材は「回復薬」「青胆草」「減朱の雫」の3つを消費します。どれも手に入りにくい素材ですが、回復量は非常に大きく、回復薬と同時に持てるので、実質回復手段が増えたようなものです。これである程度安心してクエストを進めるようになりました。

クエスト中には「雷に焼かれた地」のボスであり、神々に滅ぼされたアタルヴァ共和国の騎士「空千騎ファルマ」やアタルヴァ共和国で絶大な人気を誇った美貌の踊り子「舞姫メイ」など強力な敵が立ちはだかりました。

ダンジョンの最後にはアタルヴァ共和国出身の戦士であり、六英雄の一人「雷武王エゼル」と戦いました。雷光の力を宿す雷剣バトゥータの一撃は強烈ですが、こちらには大量の回復薬があります。

image (61)

結局道中ではあまり消費しなかったので、ここぞとばかりに回復り頼りきってゴリ押しして倒しました。正直脳筋戦法が一番楽です。

 

素材も結構余ってしまっているのでガンガン消費しても、今のところ使いきれていません。しばらくゴリ押しで大丈夫でしょう。
5つ全てのクエストをクリアしたので次のダンジョン「リスティア神殿」に進みます。

リスティア神殿

「リスティア神殿」のクエスト数は5つです。それぞれクエスト名は「光の守る場所」「美しき白馬」「光の守り手」「光の化身」「光速の刃」となっています。
このダンジョンは炎・水・光の3属性の敵が出てきます。

しかし、大半の敵は光属性なので闇属性のユニットを中心にパーティを組むと有利に戦えます。

今回はパーティの変更は無しです。闇属性のユニットである「魔詩人エルク」はだいぶ前からパーティに入っているうえ、他に目ぼしい闇属性のユニットもいないのでこのまま進みます。

ここまで来ると道中の通常戦闘も大変です。

敵の強さはそれほどでもないのですが、序盤と比べてボスに辿り着くまでの戦闘回数が大幅に増えています。

一番最初の「冒険者の草原」でクエスト数3で戦闘回数は5~6でしたが、現在はクエスト数3で戦闘回数は7~9回と明らかに増えています。

一回一回大した被害は無くとも積み重なるとボス戦の前で大分削られてしまいます。だからこそ、一掃できる全体攻撃のブレイブバーストは重要になってきます。

道中が厳しくなればボスも厳しくなります。異界の武器”銃”を手に、悪党退治を執行し続けた「銃使いハイト」、高い信仰心により数多くの奇跡を生み出した「神官マリア」、グランガイアで比較的よく目撃され、竜種にしては珍しく正義感が強い「翼竜ワイバーン」、光り輝く髪を持つ女性「光撃姫ルナ」など一戦一戦大変な戦いを繰り広げていました。

ダンジョンの最後で戦う相手は、神々に滅ぼされたラ・ヴェーダ共和国出身の剣士であり、六英雄の一人「創剣聖アトロ」です。彼が持つ光剣ユリアスは神々に鍛えられた剣と伝えられ、その威力は絶大でした。

image (62)

前回と同じように回復薬を使うこと前提でとにかくゴリ押します。難易度自体は前回よりほんの少し難しくなっている程度なので問題なくクリアできました。

5つ全てのクエストをクリアしたので次のダンジョン「破壊された聖堂」に進みます。

スポンサーリンク

 - ブレイブフロンティアをお金を使っても良いから攻略