ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

ブレイブフロンティア クエスト進行【潮風の浜辺~常夜の森】

   

スポンサーリンク

潮風の浜辺

「潮風の浜辺」のクエスト数は5つです。

それぞれクエスト名は「ロングビーチ」「浅瀬の海賊」「さざなみの騎士」「水の化身」「氷の姫君」となっています。

このダンジョンはエゴル雪原と同じく水属性の敵だけがでてくるクエストなので雷属性のユニットを中心にパーティを組むと有利に戦えます。

今回もまたパーティメンバーを変更します。

「蒼剣姫ルキナ」を外し有利である雷属性の「竜騎祖バルゲイオス」を加えます。

「バーストフロッグ」が炎属性で不利になりますが、コストの関係上でこのままにしておきます。

 

カガン砂漠とそう変わらない展開になると思っていましたが、今回は意外と苦戦しました。

まず、これまでの新戦力はある程度強化合成をおこなってレベルを上げていましたが、今回の「竜騎祖バルゲイオス」は素材が無く、レベル1のまま挑んでしまいました。さらにブレイブバースト「ボルトゥード」が1ターンの間、受けるダメージ軽減&3ターン防御力を大アップという効果も原因の一つです。

防御力アップは強力なボス戦では有効ですが、雑魚敵相手だと一掃する技が無く、結果的に少しずつダメージを貰い苦戦してしまいます。大きく崩れることはなさそうでしたが常に不安を抱える戦いでした。

道中では神々に滅ぼされたサーマ王国騎士である「氷騎士セイリオス」や同じくサーマ王国の「竜騎士ゼフュー」といった名のある強敵と戦うことになりました。

そして、とうとう海岸の終わりまで辿りついた時に現れたのはサーマ王国出身の女剣士であり、六英雄の1人「氷輝姫セレナ」でした。

最初のうちはダメージ量が少なく苦戦しそうでしたが、高火力の敵に対して防御力が上がる「竜騎祖バルゲイオス」のブレイブバースト「ボルトゥード」が結果的に有効でした。

持久戦になると、防御力の差が顕著になり、最後は余裕を持って倒すことが出来ました。

image (59)

5つ全てのクエストをクリアしたので次のダンジョン「常夜の森」に進みます。

常夜の森

「常夜の森」のクエスト数は5つです。

それぞれクエスト名は「真っ暗な森」「森に潜む賊」「時の狩人」「森の化身」「大地を貫く槍」となっています。

このダンジョンは狂獣の森と同じく樹属性の敵だけがでてくるクエストなので炎属性のユニットを中心にパーティを組むと有利に戦えます。

今回もまたパーティメンバーを変更します。

「竜騎祖バルゲイオス」を外し有利である炎属性の「堅武帝ヴァンベルク」を加えます。「炎竜導ウルキナ」も炎属性ですが、「竜騎祖バルゲイオス」のブレイブバースト「ブレイジングスマッシュ」は敵全体に炎属性6連ダメージ&味方全体に2ターン防御無視攻撃付与の効果を持ち、回復よりも攻撃力を優先する為にこちらにしました。

さらに前回の反省を生かし、今回は新戦力も十分に強化合成を行いレベルを上げてから進むことにしました。

そのおかげで前回と比べて道中はかなり楽に進むことが出来ました。

「ブレイジングスマッシュ」は大抵の敵なら一撃で倒すことが出来、残った敵もHPはわずかなので、敵に攻撃される前に倒しきることが何度もありました。

やはり火力重視で進めた安心感があります。多少防御が不安でも、回復薬は10個まで持てるので、使ったとしても全て使いきることはなさそうです。

道中では神々に滅ぼされたヴリクシャ公国で活躍した風水師「時操師クラリス」と弓の名手であり、数々の戦果を上げた「森弓将ラリオ」の2体を同時に相手をするなど厳しい戦いもありました。

image (60)

そして、闇が次第に薄くなり、間もなく森を突破しそうになったところでヴリクシャ公国出身の槍使いであり、六英雄の1人「翠壊槍ランセル」が待ち受けていました。

彼が持つ魔槍ドレヴァスからの攻撃は強烈でしたが、こちらの攻撃はそれ以上です。攻撃力重視で組んだユニットは一気に攻め立て、大きな被害が出る前にHPを削り切りました。

5つ全てのクエストをクリアしたので次のダンジョン「アセクト荒地」に進みます。

スポンサーリンク

 - ブレイブフロンティアをお金を使っても良いから攻略