ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

一般人の試乗レビュー【プジョー2008に乗ってきた】

      2014/12/06

スポンサーリンク

今日の天気は雨だったのですが、午後から晴れ間が見えてきたので外へ出たくなりフラッとプジョーへ寄ってみました。

 

image

3008

一番乗ってみたいと思っていた車は展示車しかないため試乗はできませんでした。

ということで、一回り小さいサイズのプジョー2008に乗ってきました。

1.プジョー2008見た目はどう?

いつもインテリア、エクステリアに関して思う部分ですが、こればっかりは個々の好みが非常に優先されますので個人的な意見を書いていこうかと思います。

image

これはプジョーの特徴なのか?と感じたのはハンドルが非常に小さい。少し違和感を感じる位でした。

全体的なインテリアに関してはほぼ違和感なし。というのも国産車の通常のグレードに乗っているような感覚だった。

車両本体価格も250万円程~ということで、大きくインテリアにこだわりがあるようには感じなかった。金額的に他の外車と比べたらリーズナブルである事がうなずける内容であった。

2.プジョー2008の特徴

排気量が1200CCと非常に小さい。その割にはやはり外車ということもあり、国産1500CC以上の加速を感じることができた。

特徴的だったのは、発信時である。少しシフト切り替えにタイムラグを感じる。スピードにのってくれば良い走りをするが、発信時だけは少し慣れが必要になりそうだ。

位置づけとしては、コンパクトSUVといったところでサイズだけみれば日産ジューク辺りは競合になるのではないだろうか。

燃費に関しては試乗車という短距離走行用の車としては13、7/kmという数値を示しており、実際は15/km位はいける感じであった。

3.プジョー2008の収納

社内の収納、例えばドリンクホルダー等は非常にコンパクトな作りとなっており、そういった意味では内装のイメージをシンプルに見せたいのではないかという部分が垣間見えた。

トランクの収納も車のサイズ相応。

titoのようにゴルフに行くような方には少し足りない感じもある。

4.プジョー2008はどんな方向け?

この車は総じて、アウトドアでのレジャーを考えないファミリーであればギリギリ。

外車が好きだが、アウディやベンツなどは手が出ない。でも外車に新車で乗りたいという独身の方に向いているのではないだろうか。

ファミリーカーとしては、子供一人ならそれなりのスペースもあるが、二人以上の場合は少しきつめの車になるであろう。

金額で競合するのは、トヨタのプリウスα、ホンダのオデッセイM辺り、マツダのCX-5、日産のエクストレイル。

国産車でいくとワンサイズ大きな車が購入できそうだ。

image

スポンサーリンク

 - 試乗レビュー【外車】 , ,