ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

超簡単だった!スライスどころかドローボールが打てる【ドライバーの極み】

      2015/04/11

スポンサーリンク

ゴルフを始めて3年。

遂にドライバーの悩みから解放されたので記事にしておきます。

スライスを直ぐ治したい

 

今回はこんな方に涙が出るほど簡単にスライスを克服する方法をご案内します。

スライスが出る理由さえ分かれば理論的に楽勝だった。

今まで何故気が付かなかったのか不思議なレベルの内容です。

何故スライスしていたのか?

この答えはボールに対してヘッドが開いていたからである。

知ってるって?

じゃあ簡単です。

ストレートなボールを打ちたければボールに対してまっすぐヘッドを出せば良いだけ。

利用中のドライバーとヘッドスピードなりにまっすぐ綺麗に飛んで行きますよ。

 

ということで、そうするにはどうするかですが

ここからは少しドライバーのヘッドに注目。

打つ時に最初からヘッドを閉じましょう。これは人によって閉じる量が違ってきますが、何か目印が出来るようにしてみると良いです。

後はグリップ。生卵を割らない位の握力で後は今まで通り。しっかりボールを見て打てばもう右側なんて怖くない。

 

私はこれに気がついた時に練習1回、次の日に実践しました。どちらかというと右が怖くて左目に打ってましたが、そのラウンドでなんとなく回転がフック系になったと見て、思い切って右を向いていつもよりヘッドを閉じて打つと奇跡かと思うほどの綺麗なドローボール。

それ以来もうドライバーは怖くなくなりました。

まだスライスで悩んでいる方が居ましたら是非試してみてください。

スライスに悩む方が使いたいドライバー

私がスライスに悩み始めたのは飛距離を気にしだした時と同じ時期。

それまではスライスは無くストレートボールでフェアウェイキープ率も割とよかった。

色々と道具を買い替えていくうちにドローとスライスの方向へ重りを切り替えることの出来るドライバーが発売されました。

今使っているキャロウェイの「ビックバーサー」に変えてからはスライスも無く、飛距離も満足。

同様にテーラーメードの「SLDR」も同じ機能が備わっておりました。

また、私のヘッドスピードは40いかない程度ですが、クリーンヒットすれば250ヤードは飛びます。

ドローボールで上手くいけば260~270というまぐれ当たりでドラコンを獲得したこともあります。

このヘッドスピードなので、シャフトは今まで使っていたS,SRからRに変えました。

一応RとはいってもレギュラーのRなので、一般的にはこんなもんで良いみたいです。

今ならSLDRなんかはだいぶ格安で購入出来るのでスライスに悩まれている方は是非試してみて下さい。

 

スポンサーリンク

 - ゴルフネタ , ,