ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

男性も必見!抜け毛対策にも。【新しいヘアケア「湯シャン」「ノープー」とは?】

   

スポンサーリンク

ノープー、湯シャンとは?メリットは?

新しいヘアケア法として、早くも注目されているのが「ノープー」という、何だか妙な語感の方法。ノーシャンプーを略してノープーというそうです。

 

シャンプーやトリートメントを使わずに、お湯だけで髪と頭皮を洗う方法なので、「湯シャン」とも言われていますね。

yushyan

 

頭皮や肌には、ある程度の脂はバリアのはたらきがあります。シャンプーを使うと、バリアとなる必要量の脂まで落としてしまうので、抜け毛や乾燥肌の原因になってしまうのだとか。お肌も、洗顔のし過ぎは良くないと言われていますよね。

最近、抜け毛が気になる、という人はシャンプーが原因なのかもしれません。

yu

 

 

湯シャンのデメリット

湯シャンのデメリットは効果が表れるには少し時間がかかる所です。

最初はやはり頭が普段よりも脂っぽく感じ、かゆみまで出てしまう事も。

 

お湯だけで汚れの80%ほどは取れると言いますが、今までシャンプーに慣れていた人はきついかもしれません。

 

湯シャンをし始めて早くて1週間、半年ほど経てば効果が実感できるようになりますが、自分の頭の匂いがどうしても気になる!という人にはお勧めできません。

 

 

 湯シャンは誰にでも良いという訳ではない

 

逆に乾燥肌ではない人、特に肌の脂成分が多い人は湯シャンは向かないそうです。頭皮が脂っぽい人、フケが多いと感じる人は、きちんとシャンプーとトリートメントでケアを。

適度に脂を落とす事も、頭皮にとっては大切なのです。

http://www.buzzle.com/img/articleImages/489671-52820-11.jpg

 

 

 湯シャンの適切な方法とは?

 

 

湯シャンの方法でまず始める事は、現在使用しているシャンプーの量を減らす事から。

いきなりシャンプーを止めて、お湯だけで洗うのは良くないそうです。

 

1回で使うシャンプーの量を減らす、シャンプーの回数を2日に1回、次第に3日に1回にしていく…と、徐々にシャンプー量を減らせば、皮膚のバリア機能を果たす脂成分の分泌量が適度に調節されて行きます。

 

頭皮を洗い、古い脂や皮膚を落とす事は大切なので、頭は毎日洗うようにしましょう。

 

 

 湯シャンの決め手はお湯の温度

 

湯シャンを取り入れているヘアサロンでは、お湯の温度には特に気を使っているそうです。

湯シャンに良い温度は40℃から44℃。熱めと感じるくらいです。火傷には注意し、40℃でも耐えられないと思ったら迷わず温度を下げます。

 

シャワーでお湯を頭からかけた状態で、生え際からつむじの辺りまで強めに汚れをこすり落とすように洗います。

 

最初はべたついている感じがしますが、次第に適切な脂と常在菌の作用で気になるような匂いやべたつきもなくなります。

 

抜け毛にも効果的で、男性にももちろん使えるケアケア法です。

 

女性の湯シャン体験記

http://matome.naver.jp/odai/2137787641722225001?page=2

男性の湯シャン体験記

http://nekonosaneyuki.com/81.html

スポンサーリンク

 - 生活 ,