ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

今年の10大ニュースは…?【2015年につながる2014年の締めくくり】

   

スポンサーリンク

1.今年の10大ニュースは…?

 

年末になると、ふとこの1年を振り返る事があると思います。

皆さんの2014年はどんな年だったでしょうか。

 

結婚、出産、就職など人生の大きな転換期を迎えた人、仕事や学業で成し遂げた事がある人、逆に大きなトラブル続きだった人、家から一歩も出なかったから重大な出来事なんて生まれなかった人…人の数だけそれぞれにイベントがありますね。

 

読売新聞社が今年も国内で起こった10大ニュースを発表しました。1974年から、読者の投票で決定しているそうです。

 

今年は国内外から1万通以上の投票がありましたが、皆さんが選んだニュースは何だったのでしょうか。

10位 高倉健さん死去

日本の大スター、高倉健さんが11月10日に悪性リンパ腫で亡くなっていた事が事務所から19日に発表されました。享年83歳。

 

昭和31年にデビューし、任侠映画でブレイクし、スターの仲間入りに。「幸せの黄色いハンカチ」や「鉄道員(ぽっぽや)」などのヒューマン映画でもストイックな役を演じています。

 

遺作は2012年公開の主演映画「あなたへ」。

 

9位 富岡製糸場が文化遺産に

群馬県富岡市にある富岡製糸場が6月の第38回世界遺産委員会にて正式に登録されました。

1872年、輸出産業に本格的に乗り出す為に、質の良い生糸生産工場が必要だとして計画されたのが富岡製糸場です。

 

日本初、そして当時最大規模の器械製糸工場には多くの女性が働いていました。

労働状況はかなり厳しく、多くの女工が若くして亡くなっていますが、日本の輸出産業を明治時代から戦時中まで支えていた事は確かです。

 

8位 ソチ冬季オリンピック

今年の2月のロシアのソチで冬季オリンピックが開かれました。

日本の成績は目覚ましいものでした。男子フィギュアスケートの羽生結弦さんが金メダルに輝いた時に、日本は熱狂の渦でした。

銀にスキージャンプ葛西紀明さんを始めとするメダル4個、銅は3個。

惜しくもメダルを逃しましたが入賞した選手も多く、日本の活躍が熱かった冬季オリンピックでした。

 

ちなみに、応援として松岡修造さんがソチ入りした時、ソチでは異例の気温10℃を越え、雪不足で悩まされたそうです。別の意味でも熱かった冬季オリンピックでした。

 

7位 STAP細胞問題

2014年1月にSTAP細胞が注目され初めてから不正が正式に認められるまで、STAP細胞をめぐり色々な事が起こり、今年はSTAP細胞の年と言えるでしょう。

 

小保方さん自身が再度実験を行い、STAP細胞は不可能な事、データは不正であった事などを発表、小保方さんは理研を退職する事で2014年を騒がせたSTAP問題は幕を閉じました。

 

6位 広島県北部の土砂災害

8月の豪雨により、広島県北部阿佐北区、阿佐南区の多くの住宅地が土砂崩れの被害に遭い、死者74人、負傷者44人という国内の土砂災害では最多です。

 

その様子は連日報道され、土砂が多くの家を瓦解させた様子に日本を震撼させました。

11

 

5位 衆議院解散総選挙

12月14日に、衆議院解散総選挙が行われました。

アベノミクス選挙と言われたように、安陪首相が提唱している経済政策「アベノミクス」に対する国民の評価を問う選挙でしたが、マスコミが選挙前から自民党が300議席確実と報道されていたように、自民党が大勝するだけの選挙と言われていました。

 

実際は自民党は300には届かず、民主党と共産党が躍進という形でした。

それでも自民党は294議席を獲得しましたが、アベノミクスが評価された結果とは言い難いでしょう。

 

投票率は過去最低の52.66%とこちらの方が問題ではないでしょうか。

 

4位 全米テニス錦織圭が準優勝

9月8日に行われた全米オープンで、錦織圭さんが見事に準優勝を果たしました。

優勝は逃しましたが、決勝戦まで目覚ましい活躍で駆けのぼった力強いプレーは日本だけではなく世界が注目しました。

tenis

 

3位 ノーベル物理学賞に日本人3人受賞

ノーベル物理学賞に、青色LEDを開発した赤城勇終身教授(名城大学)、天野浩教授(名古屋大学)、中村修二教授(カルフォルニア大学)の3人が受賞しました。

 

LEDとは発光ダイオードの事、現在すでに電球などで家庭にも普及していますね。このLEDは青に発光させるのは困難と言われていましたが、赤城、天野、中村教授らが開発、量産を成功させたのです。

 

輝かしい研究と受賞に、日本人の力が再認識されました。

nobel

 

2位 消費税が8%に

2014年4月1日から消費税8%がスタートしました。

事実上の物価上昇に全国から悲鳴が上がり、消費税増税前の駆け込み需要が消費を減速させました。消費者指数は現在も低下の一途をたどっています。

 

アベノミスクで円安も進み、日本の経済政策はまだ道半ばのようですが、一体どうなるのでしょうか。

政治

 

1位 御嶽山噴火

長野県木曽郡と岐阜県下呂市、高山市にまたがる御嶽山(おんたけさん)が9月27日、7年ぶりに噴火しました。

 

噴火当時は多くの登山客が訪れ、噴煙と噴石に巻き込まれた大惨事となりました。

 

Twitterで噴火直後の様子が投稿されたり、生存者の証言などで噴火の脅威が全国に知れ渡る事となります。

 

噴火は予測できなかったのか、7年前にも噴火はあったのに、なぜ観測していなかったのか、などの疑問も上がるようになりました。

 

日本は火山国であり、富士山の噴火も時間の問題だと言われています。

地震同様、噴火に関する知識や備えも日本人は必要なのではないかと思い知らされた災害でした。

JAPAN-VOLCANO

スポンサーリンク

 - 最新情報