ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

投資信託購入して3年放置した結果・・・

      2015/03/12

スポンサーリンク

 

まずはこちらをご覧ください。

 

 

 

1無題

 

2無題

 

3無題

いきなり見にくい写真からで失礼しました。

2011年に右も左もわからず、どんなものなのかを知りたくて投資信託を購入した「ラサールグローバルリートファンド(毎月配分)」である。

 

その時選んだ理由は名前の印象と、毎月配分がなんなのかわからなかったケド毎月なんか貰えるんだろう・・・くらいの感覚で購入した。

(今ではどんな投資信託なのか分かるようになったが・・・)

これを3年程放置していた。

最初に入れておいた金額だが、10,000円です。

少なすぎてこんなものは人様にお見せするようなものではないのだが

実験の参考とでも思ってみてもらえたら幸いです。

んで、結局3年でいくらになったのよ?

先に結論を書いてしまいますが、2万円ちょっとです。

これは2014年11月現在の話です。

毎月配分されるものは全て元本に追加されてゆくようにしました。

所謂、福利ってやつかな。

恐らく投資を本気でやっている方からみると

税金がどうのとか、効率がどうのとかあると思いますが

素人が何も知らずに購入した銘柄が3年間放置しただけで2倍位になれば

個人的には上出来かと思ってます。

この記事で何が言いたいかというと・・・

別に「2倍になったぜ!!すげ~だろ!!!」と自慢したい訳ではありません。

というか1万円が2万円になった位じゃ誰も羨ましがらないだろうし・・・。

仮にその時100万円を投資してたら200万になった可能性があった訳です。

これを購入した時期というのはタイミングが良かったのか特別配分は数える程しかなかった。

*特別分配とは、税金のかからない分配金である。これは嬉しいようで出来れば受け取りたくないもの。いわゆる「元本を切り崩している」ことになる。逆に普通分配は「儲け」である為課税の対象となってくる。

そのおかげもあり、常に普通配分と評価価格は常に購入した時よりも高い金額を維持しています。

 

今後経済的にどのような事がおこるかというのは未知ですが正直日本の銀行に預けるのは無駄でしかないように思える。

少しでも余裕資金があるならば、投資信託の本を購入して自分なりのポートフォリオ(投資先の分散)をして投資してみることは怖い事ではないということ。

投資信託に関する書き込みなどをみていると失敗談が沢山書いてあるが、これは一気に手持ちの大金を投資した事が原因であり、少し勉強していればそんな博打はしないはずだ。

 

あくまで投資信託というのは積み重ねて、いつか使う時の為に備えておくものであればそれでいいと思う。

考えにゆとりがあれば一時的に値段の上下があったとしても

下がったら買う、あがったら分配金を貰うという考えで良いのではないかと思う。

 

銀行にいくら預けても(10億とかあれば別だけど)一般人が楽になるような利子など絶対につかない。

「今後の経済状況を踏まえて、お金と向き合いもっと上手に付き合っていく」ベストではないかもしれないが、この記事で書きたかったのは

その一つの手段が投資信託にはあるのではないだろうか。

 

スポンサーリンク

 - お金に関する記事 , , ,