ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

4代目プリウス実際はどうなの?口コミを簡単にまとめてみた

   

スポンサーリンク

2015年12月9日に発売されたハイブリッドの王者プリウス。

デザインも一新され、トヨタの最新の安全技術をふんだんに取り入れた車として話題を呼びました。

今後の車の買い替えでプリウスが候補に上がっているという人もいるでしょう。

実際の走行性や運転しやすさ、そして燃費はどうなのでしょうか?

これからプリウスを買おうと考えている人が、契約前にやっておくべきことは?

新型プリウスの実燃費はなんと…!

4代目プリウスの燃費は驚きの40km/L!

これは最低グレードEのJC08モードのみの数値で、他のグレードは37km/Lほどです。

それでもかなりの燃費なのです。

これぞハイブリッドの醍醐味!と喝采が浴びせられましたが、実燃費はいかほどなのでしょうか。

車の実燃費は、メーカーが発表するカタログ燃費のおよそ6割だと言われていますね。

メーカーが燃費を計る方法は、市街地を想定した試験場であらゆる電子機器、エアコンをオフにしてプロのテストドライバーが試験します。

ゴッドハンドならぬゴッドフットの持ち主なら、よりカタログ燃費どおりの燃費が出せるでしょう。

ですが、大半のドライバーはそうはいきませんね。

また、燃費測定実験では渋滞が想定さえておりません。

そこそこの交通量の市街地でエアコンをつけ、多少のアップダウンを走れば、さすがのプリウスも40km/Lではいかないでしょう。

実際は28km/Lから22km/Lと考えた方が良いでしょう。

交通状況が悪い時は16km/Lもあるそうです。

40km/Lないし37km/Lを過信せず、ガソリンタンクには常に1リットルほどしか入れない、などということはないようにしましょう。

4代目プリウスの燃費に関する特徴のもう1つとして、冬場の燃費が変わらないところも挙げられます。

通常の車ですと、例えハイブリッドと言えども冬は燃費が下がってしまいます。

これは、冬の冷気でエンジンも温めなければらならいため、よりエンジンの熱量を使ってしまうからなのです。

しかし、4代目プリウスは、車体前方に設置されているグリルのシャッターが自動で閉まる仕組みになっており、外からの冷気を遮断します。

これによって、エンジンが冷えてしまうのを防ぎ、結果的に燃費が悪くなるのを防ぎます。

また、車内の熱が逃げにくいよう設計もされているので、車内は冷えにくく、エアコンの負担も減らします。

これから契約という人は真冬よりも真夏の走行が気になるところですが、夏場の燃費やエアコンの効き具合はどうなのでしょうか?

 

まるで高級車のように静かというと…?

トヨタのホームページには、4代目プリウスのロードノイズの遮断性を謳っています。

ロードノイズとは、走行中のタイヤの音。

よほどガタガタな道を走っていない限りは普通に車内で会話もできます。

軽自動車や古い車に乗っている人はこういうものだと気にならないものですが、ロードノイズが気になる人は気になってしまうよう。

また登り坂ではエンジンノイズも気になるとの声も。

安定したコーナリング

安定して快適な走行性が売りのプリウスですが、実際のオーナーからは足回りの貧弱さが指摘されていました。

カーブを曲がる時など、外側にふらついてしまうというのです。

それなりにスピードを出していると不安ですね。

4代目となる新型プリウスは、クラウンと同じダブルウィッシュボーン式のサスペンションを採用しています。

ダブルウィッシュボーンサスペンションは、レーシングカーなどに採用されているサスペンションで剛性を上げて走行時の車のふらつきを防ぎます。

一般的なサスペンションに比べて大きくコストも高くなるというデメリットもありますが、4代目プリウスの価格を見て分かるように、ダブルウィッシュボーンサスペンションがプリウスの価格を大幅に上げているということはありませんね。

納車は5ヶ月から6ヶ月待ち?

4代目プリウスの発売は2015年の12月上旬でしたが、予約は9月頃から始まっていました。

プリウス旋風は落ち着いたかと思われましたが、それでもプリウスファンは多く、2015年9月時点で予約が殺到し、現在も納車待ちがかなりいるとか。

今から予約すると、5ヶ月または6ヶ月待ちになる可能性も充分にあります。

4代目プリウスが街中を走る日は2016年の夏頃。

商談前にやっておくことは?

現実は納車に半年ほどかかる現状。

いち早く新しいプリウスでドライブを、と逸る気持ちもありますが、ここは落ち着いてトヨタのお店へ。

やることは「試乗」。

プリウスもそうですが、なぜか試乗には消極的なディーラーも多くいます。

走行性や静音性、運転の手応えなどは契約前にしっかりと確認しておきたいところですね。

プリウスを契約することはほぼ100パーセント決まっていたとしても、グレードやオプションは走ってみて分かるところもあります。

買う前に一度は試乗しておきましょう。

スポンサーリンク

 - 車ネタ