ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

トヨタ4代目プリウス特徴とおすすめグレードは?

   

スポンサーリンク

ハイブリッドカーとして圧倒的な人気を誇るプリウス。

現在は2015年12月にフルモデルチェンジした4代目が新型プリウスです。

ハイブリッドカーの王者らしさをより出したデザインと燃費、安全性はもう体験しましたか?

4代目プリウスの特徴は?

ボディサイズをやや拡張

先代プリウスに比べて60mmほど全長が長く、15mm幅を広げました。

拡大幅は一見しただけでは分かりませんが、空気力学を考慮してよりかっこ良いシルエットを目指しています。

格好良さだけではなく、空気抵抗も充分に研究され、心地よい走りと低燃費に。

燃費は何と40km/L(Eグレードのみ)

1リットルのガソリンで、ほぼフルマラソンの距離が走れてしまいます。

軽量化とパワートレイン、そしてボディの空気力学へのこだわりの賜物です。

ただ、40km/LはJCO8モードのEグレードのみで、他のグレードは37km/Lほどです。

それでも超低燃費と言えます。

駆動用電池を新開発

ここまで低燃費を実現したのは、ボディの軽量化だけではなく、エンジンや燃料電池そのものも見直す必要がありました。

モーターとリダクションギアの配置や燃料室内の気流の見直しをし、熱効率をアップさせて無駄をさらに省きます。

駆動用電池は小型、軽量化に成功したニッケル電池またはリチウム電池を使用しています。

最先端の安全機能「TOYOTA Safety Packege P」を採用(Aグレードのみ標準装備)

「TOYOTA Safety Packege P」とは、歩行者を感知し、衝突事故防止の補助をしたり、全車速追従機能などの最新の安全機能をパッケージしたものです。

衝突事故防止は最終的にはドライバーの注意力が不可欠ですが、「うっかり見落とし」などをできるだけなくし、悲しい事故を防げるには越したことはありません。

他にも

プラットフォームとサスペンションを一新してより安定性のある走りとコーナリング。

ローとハイのランプを1灯で切り分ける「Bi-Beam」

サイド、カーテン、ニーエアバッグは全グレードに標準装備

4WD

と、プリウスの挑戦はまだまだ終わりがありません。

これからもプリウスは進化して行くことでしょう。

インテリアにもさらに進化を遂げています。

ボディだけではなく、内装も205mm拡張。

過去のプリウスユーザーも車内の広さには驚くことでしょう。

インパネのデザインも一新して、未来を感じるようなコンセプトに。

カラーはかなり白に近いクールグレーと定番のブラックがあります。

4.2インチ液晶画面もどのグレードも標準装備。

指先のスイッチ上下操作で調節できるエアコン。

リアシートにも配慮し、同乗者もくつろげる空間。

と、かゆいところに手が届く機能が満載で、プリウスが広く愛されている理由が良く分かります。

4代目プリウスおすすめグレード、購入の際につけておくべきオプションは?

4代目プリウスにはE、S、A、Aプレミアムの4つの基本グレード、さらにE以外には「ツーリングセレクション」というスポーティーな走りに特化したグレードがあります。

おすすめはやはりS以上のグレードです。

フルモデルチェンジで目玉となる機能は、基本的にどのグレードにも標準装備されていますが、細かな変更箇所はEグレードは標準装備ではなくオプションであることも少なくありません。

まずタイヤも15インチがデフォルトですが、Sグレード以上では17インチを選ぶことができます。

Eでは17インチタイヤを履かせることはできません。

タイヤの大きさなんて別に気にしていない、という人なら別に問題はありませんが。

15インチタイヤと17インチタイヤの違いは、走行時の安定感。

大径タイヤで走行したことがある人なら分かるとは思いますが、走っている時や曲がった時の安定感の違いが大きく出ます。

ただ重量が上がる分燃費は多少悪くなります。

また、インパネのカラーもブラックのみ、グリップ時の良さにも定評のある合皮ハンドルカバーもEグレードでは標準装備ではありません。

細かいことかもしれませんが、少しでも長く快適に乗りたいという人ならSグレード以上をおすすめします。

ちなみに人気グレードはSツーリングセレクション。

車体価格もEは242万9018円、Sは247万9091円とほぼ5万円の差です。

他にも、欲しい機能やデザインの候補を決めておいてからグレードを選ぶといいですね。

後から装着できるオプションもあれば、契約時と同時に申し込んでおかなければならないオプション、またそのグレードでは申し込めないオプションなどもあります。

実際に「TOYOTA Safety Packege P」は、Aグレードのみの機能ですので、SやEはオプションですらできません。

他にもLEDフォグランプやインパネの材質など、細かなところで差があります。

とりあえずプリウス!なのか、プリウスの技術を最大限に楽しみたい!なのかでグレードは変わってくると思われます。

スポンサーリンク

 - 車ネタ