ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

ギャンブルに負けてしまう賭け事をしてはならない人の特徴まとめ

   

スポンサーリンク

新年早々こんな記事から始めまってしまい申し訳ありません。

今年もお願いいたします。

さて、今回の記事のテーマはいわゆる「ギャンブルに負けてしまう人の特徴」について記事を書こうと思います。

わりとこのブログを更新するのは久しぶりですが、今年もちょっとづつ更新出来ればと思います。

さて、本題に入ろうかと思います。

ギャンブルに勝つ人負ける人

さて、この記事を読んで下さる方の殆どが

1ギャンブルをする。

2負ける若しくは負け続けている。

という方が多いのではないでしょうか。

特に継続的にやってしまう、パチンコ、パチスロ、競馬。

最近では当選日の増えたロト系のくじもやり続けている方もいるかもしれませんね。

私も一時期ギャンブルをしていたことはあったのですが、特に負けやすい人や負け続けている人の傾向を知ることで、負けないようになるのではないかと思い、こちらの記事を書いていこうと思います。

ギャンブルに負ける人の特徴「暇である」

そう。

とにかく時間を持て余している人は負けやすいんですね。

何故なら思う存分時間を費やす事が出来るからです。

時間を使えるということは、お金の使える(投じる)時間も必然的に増えてしまいます。

また、勝ち逃げをするにしても、その後の暇な時間を考えるとやり続けてしまう。案の定ちょっと勝ったかトントンというケースも良く見受けられます。

ギャンブルをどうしてもやるのであれば、時間を決めて行う。

特に中毒性の高いパチンコやパチスロの場合は、時間というよりはある程度の制限を設ける事が勝ちへの近道かと思います。

たまたま、追いかけて大勝利したこともあると思いますが、そんなのは稀ではないでしょうか?

もし稀では無ければこの記事をよんでいらっしゃらない勝ち組の方なのではないかと思います。

投じる金額や、払い出された金額を日にち単位、月単位で管理することが必要です。

だらだらやる方はカモになる確率が非常に高くなります。

ギャンブルに負ける人の特徴「分析していない」

さて、これも色々方法があったり、攻略の方法があったりする中、なんの知識も無くお金だけ入れてしまう方はかなり危険です。

吸われるだけ吸われてしまうパターンです。

もしかすると、超強運の持ち主であれば運だけで勝ち続ける方も居るかもしれませんが、一般的にはギャンブルや賭け事というのは基本的に負ける事を前提に作られており、胴元にお金が入ります。

ただ、一部の人はそれでもしっかり勝つことが出来る訳です。

100%負ける試合であればやる人は居なくなります。

還元されている人が居て、その一握りになりたくてやるのではないかと思います。

そのなかでも、しっかりと分析して自分なりにルールを決めている人と、何も知らずにお金だけを用意してやり続けるのではまったく勝率が変わってきます。

また、とにかく確率の低いものは避けるべきでしょう。

宝くじで一等を当てる確率を考えれば、あまりやる意味が無い事に気が付くかもしれません。

それでも宝くじであれば、年に数回夢を買う位の気持ちでやってみるのはよいかもしれませんが・・・。

ギャンブルに負ける人の特徴「依存症」

これが一番厄介です。

依存症になってしまうと、もはや勝ち負け関係なくやり続けてしまいます。

特に依存症の多くの方というのは負け続けているケースが多い。

パチスロで言えば、なかなか当たらなければ当たらない程当てたくてやり続けてしまう。

その時々の当たりの為にあるったけのお金をつぎ込んでしまう。

こうなってしまった場合には、周囲の方に相談することを強くお勧めします。

ギャンブルに負ける人の特徴まとめ

 

ギャンブルをすること自体が悪いとは言いませんし、それで経済が回っている部分もあるのではないかと思います。

ただ、負け続ける事を本当に良いと思っている人は居ないと思います。

一番の勝ち組は「やらない事」であることは明白です。

それは宝くじで一等を当てたような強運の持ち主には当てはまりませんが、大多数の方はそういう訳ではありません。

2016年という年度の切り替えもありましたので、ここでギャンブルと生活について再度見直してみるのも一つかと思います。

 

スポンサーリンク

 - パチスロ