ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

内山麿我さんがディズニーランドでクレームを言った件を考えてみた

   

スポンサーリンク

いや、正直こんなのニュースでもなんでもないんですけど、ヤフーニュースをプラプラしてたら目についたので読んでみたところおもしろそうだったので一言意見を言ってみようかなと思いました。

そもそも、僕はこの内山さんて誰?っていう所から始まりましたがダンサーでタレントさんなのかな?

知る人ぞ知るのかもしれませんが、僕は存じ上げない方でした。

で、この内山さんがディズニーランドへ行った所混雑していて規制がされておりすんなりと中へ入れなかったのが気に入らなかったということだそうです。

ディズニーランドは夢の国だけど・・・僕らは大人だよ。

ブログを拝見させて頂くと、夢の国の従業員が出来ない事を出来ないと言うのではなく、上手になだめて欲しかったような事も書いてありますが、これに関しては残念ながら大人げないとしか言いようがないですね。

子供なら分かるんですよ。

僕にも子供が居るから、上手になだめて我慢させるような事をさせたりしますから。

でもね、相手は大人。

自分も大人。

ダメなものはダメなんです。

特別扱いしてほしい訳ではないと書いてありますが、特別扱いされるんじゃないかな?という期待があったから、それを裏切られたからイライラしてしまったんですね。

まぁ、家族でディズニーランドへ行くというのは一般人からすればそれ自体が特別な日な訳で。

同じような状況の人は居なかったかもしれないけれど、その日入園するのに何時間も待った方もいるんじゃないかなぁ。

中には、かなり遠い所から来た方なんかも居るかもしれないし、内山さんよりも深い理由でその日ディズニーランドへ足を向けた方もいたかもしれない。

ようするに自分にとって特別な日があるように、他の人にも特別な日がある。

その特別な日というのは、これだけ人が居れば被る事なんてザラなんですよね。

で、ディズニーランドの対応というのが気に入らなかったということらしいですが、相手が有名人であろうが一般人であろうが同等の対応をする必要があった訳です。

規則があり、それを断固として守る義務というのが従業員の方にもある訳ですよ。

だから、誰ひとりとしてその「規則」からはみ出さない。

大人なんだから、最初にダメだと言われた時に潔く並ぶか帰るかすればよかったのではないかと思います。

特別扱いされる要素なんて何一つないんだから。

で、もっと言えばディズニーランドなんて基本的に混む場所なんです。

それを知らないから入場出来ないような時間にゲート前に居るんですよ。そんなに行きたかったなら朝早起きするしかなかった訳です。良い勉強になったのではないでしょうか。

 

あと、生後数カ月の赤ちゃんにとってディズニーランドはあまり良い環境ではないかと思います。

夢の国というのは子供達がそう思えば良い。子供を連れて行くなら大人はしっかりと夢を見させてあげられるように準備する。

クレーマーなのかそうじゃないのかの境ってなんだろ?

自分はクレーマーではない。

そういう人がクレーマーであるケースは非常に高い。

特に、接客業界を経験した事の無い人は多いのではないだろうか。

今回のケースは芸能人である。

彼は、元ダンサーということだが、仮に自分のステージが満員だった時にどれ位の人数に対して特別な事をしてあげられるのであろうか?

人というのは、自分が経験して嫌だな…と思った事をしない方が良いと思う。

恐らく彼は、逆の立場。相手の立場で物を考える事が欠落しているのかもしれない。同時に周囲が見えていない。

これだけ人から批判されれば、「自分の考えはもしかして少しおかしいのかもしれない」とい疑いの気持ちも出ても良いように思うが、恐らく現在も「バッシングするやつはすればいい」位に思っているかもしれない。

いずれにしても、日本という国は良くも悪くも多数決の国である。

これだけの反対意見の量を考えれば、この「ディズニー調子に乗ってる」という発言はクレーム以外の何物でもないのかもしれない。

 

スポンサーリンク

 - 最新情報