ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

パチスロ勝てない!少しでも勝率を上げる考え方と方法

   

スポンサーリンク

先に言っておきますが、パチスロで確実に勝てる方法というのは無いに等しいです。それでも少しでも勝率を上げる方法、考え方をこちらに記載したいと思います。

これからもパチスロを趣味として、お店にちょくちょく顔を出そうと思っている方はまず相手を見てみましょう。

パチスロ店のあいては誰?

お金をつぎ込むという事は相手が居て当然。

一人でやっているわけではありません。

まずは相手が誰なのかを考えてみて下さい。

相手はお店ですか?

さて、相手がお店だとしたら非常に手ごわいですよ。

言ってしまえば神と戦う事になります。

どちらかと言えば、あなたは神の手のひらの上で千円札を入れ続けるカモです。

相手はお店であるようでお店ではありません。

と、私は思っております。

このご時世のパチスロのお店で、ナチュラルに設定を入れて、その設定通りの機械割で出玉を出している店があるとすれば通うべきお店になります。

そんなお店があれば教えてもらいたい。

機械制御でお店が勝つようにされているというのは当たり前の話。

パチスロ屋はビジネスで成り立っています。

決してボランティアではありませんので、これだけは肝に銘じて下さい。

相手はパチスロの台?

これも既に違うというのが、上の内容でお分かり頂けたのではないでしょうか。

パチスロの台はあくまでお金を徴収するための機械でしかありません。

それが、ジャグラーだろうがGODだろうが吉宗だろうが北斗だろうが変わりません。

 

じゃあお相手はどなたですか?

はい、ここまでくれば誰が相手なのかは分かりますよね?

そう。周りにいるお客さん。

乗り打ちに行けば、乗り打ちに行った相手が敵です。

パチスロのホールの台から今日の利益を差し引いて(機械の中で何パーセント)残りをお客に還元。

もしもこれが出来ないのであればパチスロ屋は不安定な状況になります。

何故なら、利益を出すが為にオール設定1にします。

来たお客の誰ひとりとして換金できません。

コレを続けてもお店にお客が来るのであれば良いですが、そんなお店にあなたは行きますか?

機械で計算されただけの還元率と、パチスロの設定がここで結びつき、設定の良い台が、還元率の範囲内で出玉を出す。

こんな仕組みです。

と、私は思っております。

だから、継続率90%で単発というのが多々あるし、その逆もある。

一言で言えば店が絶対勝つように上手く出来ているのです。

パチスロで勝つ確率を少しでも上げたいという方

ここからは本題に入ります。

ここまで読み進めて頂いて、少しは「何も持たずにバラモスと戦うのは危険だ」ということに気が付いて頂けたと思います。

最低でも、武器と防具位は用意していきましょう。

基本はデータの確認

明日行くお店のデータはお持ちですか?

今では色んなサイト等で、5日前くらいまでのデータを見る事が出来ます。

このデータで何を見るのでしょうか?

昨日でたから今日で無いとか、設定が良さそうだから下げるとか、朝一リセット狙いとかではありません。

そのお店の傾向を知って下さい。

出来れば一カ月程のデータが欲しい所ですが、恐らくこの5日間でのデータ位しか見ないのではないかと思います。

見る部分は「どの台が、いつ、何時から、どれ位」出ているか。

そして台の番号もしっかり見ておきましょう。(コレはヒントです)

お店の傾向を知り、始め時と辞め時だけはしっかり把握しましょう。

その日の流れを知ろう

仮に夕方からお店に行こうと思った場合ですが、お店は既にある程度利益を還元してしまっているかもしれません。

そうなれば、カモがネギをしょうというような形になります。

午前中出した場合、昼過ぎから回収して、回収の度合いによって少し還元される。

午前中まるで出さず、昼ものんびり、夕方爆発。

とにかくある程度のパターンに当てはめていきましょう。

なので、とにかく連続したお店のデータというのは必要不可欠です。

お店に行ったら

まずは流を見て下さい。

今は「還元」の時間なのか「回収」の時間なのかを把握しましょう。

還元の時間に無理して打つ必要はありません。

よく遭遇すると思いますが、出ている時は周りも出る、出ていない時は全員ピタリとボーナスがこない。

これって本当に不自然極まり無いのですが、皆さんはどう思っているのでしょうか。

正直全台一台も出ていないとかありえないように思いませんか?

スイッチが入ったように、ある島で当たり始めるのもおかしな現象だと思いませんか?

低設定の台だろーなと思って打っていたら、周りが当たりだして、ゾーン以外なのに急に解除なんてことも変に思いませんか?

とにかく、ホールは流があります。

よく行くホールの流れを把握し、打ち時かそうでないかをしっかり見極めましょう。

最低限コレだけはやろう

パチスロで負けっぱなし、どうしたら勝てるか分からないという方で、データも見ないという方。

その日の朝一からお財布に5万入れていくのだけは避けましょう。

また、夕方から既に店側が還元し終わった後に行くのは辞めましょう。

恐らく、北斗揃いでも単発しか引けません。

どんなプレミア演出引いても伸びません。

午前中の挙動を見て出てない場合は覗きに行く価値がありそうです。

本当にあった僕の体験談

これは信じるか信じないかはお任せしますが、僕が体験した本当のお話をします。

当時学生時代。

既に10年以上前のお話になります。

千葉のとあるパチスロ屋で毎日のようにスロットを打っていました。

当時は負けが酷く、向いてないんだろうなぁ~というように思っていました。

その日もいつものように、大学の授業が終わった後にスロットを打ち、負けて少し換金して帰ろうとしました。

換金所に行くとお店の方から黒いスーツを着ている人が近くに寄ってきました。

「いつも来てくれているね」その男性にそう話かけられ、自己紹介をされました。

その方は、そのパチスロ屋のお偉いさんだったらしく、最近はこの店舗によく来ているとのことでした。

「コーヒーでも飲まないか?ごちそうするよ」

印象の悪い方ではなかったので、コーヒーをごちそうになることにしました。

そこで、年齢や今何をしているのか等聞かれてから自分の話をし始めました。

「私には君と同じくらいの息子が居たんだ。ただ、事故で最近その息子を亡くしてね・・・」

「その息子に君がそっくりだったから、どうしても一度話をしたかったんだ」

そういうと、「ずっと負けてばかりだね、明後日お店に来れないかい?」と聞かれたので「行けます!」と答えると大体の時間を聞かれた。

「じゃあ、必ず来るんだ!待ってるから」そう言うと、一万円札を置いて帰っていった。

僕は当時サミーの「猛獣王」というAT機にはまっていた。

AT機というのは、爆発すればすぐに万枚が出てしまう今では考えられない程のスペックの機種だった。

 

当日、時間通りにお店に入ると割と人が居た。

あまり出ておらず、いつもと同じ感じではあったが、天井狙いが出来そうな猛獣王に座った。

その日は実はお金があまりなかった。

コーヒーをおごってもらった時に置いていってくれた一万円と数千円のみ。

天井を引くには、かなりの確率で子役を引かなければならない。

ただ、そんな心配は一切必要無かった。

いわゆるおすわり一発!ビックボーナスを引いた。

猛獣王は、ボーナス中に○×クイズの正解数で高確率状態の長さが決まる。そして、ボーナス後高確率中にハズレを引く事でサバンナチャンスへ移行する。

サバチャン中は外れ目等で上乗せしてゆき、上乗せの限り続く。

僕の座った台はその一発目が初当たり1回目。

ありえないことに、○×クイズは全問正解。

そのボーナスの1ゲーム目、ナビ発生でハズレ目を引く(サバチャン確定)ここからはサバチャン止まらず、閉店まで打ち切りました。

その日の出玉は今でも忘れない「23232枚」46万の勝ちでした。

ここまで出たのは初めてだったので、お金を手にした時には少し震えました。

そして換金し終えた時に、スーツのおじさんが来た。

「かなり出たね。あまりパチスロばっかりやってないで勉強も頑張るんだぞ」そういって赤いスポーツカーに乗り込み去って行った。

 

こんな体験をした私が、「店に出玉を制御する機械やシステムがない」とは到底思えない訳です。

当時のこの話は、本当に良い思い出でもあり、もう既に辞めてしまったパチスロを設定だけではないと疑う要素となりました。

やがて、私がスロットをやめた理由はそんな所にあった訳です。

「お店にいいように遊ばれている」

そうは言っても、パチスロは中毒性が強いのは知っているし、スロットを打ちたい人の気持ちも本当によく分かります。

でも、お金を使う以上、しっかりとデータを持ち、最低限負け続けないように楽しんでもらいたいと思います。

 

スポンサーリンク

 - パチスロ