ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

最新軽自動車厳選比較!ファミリーカーとして乗るなら?

   

スポンサーリンク

最新の軽自動車、特に広くスペースのとれた軽自動車は非常に具合が良い。

こんなに広いならということで、ミニバンから軽自動車に買い替える方もチラホラ見受けられる程になりました。

縦には長く、狭いスペースを如何に広く作り上げるかが各ディーラーの腕の見せ所となっております。

ということで、2015年も終盤。

これから軽自動車を購入する予定のあなたに向けて記事を書いていきます。

最新軽自動車の車種をおさらい

まずはどんな車種があるのかをおさらいしておきましょう。

まずは、軽自動車と言えばこの4社が主となっております。

ダイハツ、スズキ、ホンダ、三菱。

ということで順々に代表的な車種を見ていきましょう。

ダイハツの広い軽自動車

ダイハツ・タント

tanto

広いスペースの王道を作ったともいえるタント。

このタントを発端に軽自動車の新しい乗り方が始まったように思います。

未だに若者から年配の方まで乗っている方が多い車種で、不動の人気を誇っています。

価格 122万円~

燃費カタログ値(リッター)

普通車 25.8km ターボ車 24.6km

ダイハツ・ウェイク

ウエイク

タントよりも更に広く!というイメージのウェイク。

ホンダのNBOXに対抗する為に作られたのか、タントよりも広さという部分にフォーカスして作られている軽自動車。

価格 135万円~

燃費 普通車(リッター)

24.6km ターボ車 23.8km

スズキの広い軽自動車

スズキ・スペーシア

 

スペーシアは割と若者というよりは、少し年齢の上の方に購入されるケースが多いようです。

ともいう私の妻も乗っており、非常に快適に運転できると好評です。

個人的にスペーシアを選んだのは価格的に安く購入出来たからです。

価格 127万円~

燃費(リッター)

普通車 32km

ホンダの広い軽自動車

ホンダ・NBOX

 

image

ホンダは軽自動車にかなり力を入れている模様です。

普通車があまりパッとしない中、軽自動車の売れ行きは非常に良好。

Nシリーズに関しては各車両良い出来上がりです。

見た目も良い事から、若者がNBOXを指名買いするというケースも多いようです。

価格 127万円~

燃費(リッター)

普通車 25.6km

三菱の広い軽自動車

三菱・ekスペース

ek

割と後出しとなった三菱のekスペース。

良く乗られているスペースの広い軽自動車とは違うデザインのものに乗りたいという方にお勧めの車種となります。

価格 125万円~

燃費(リッター)

普通車 24.6km

2015年に売れた軽自動車

1位 ダイハツ タント

2位 ホンダ NBOX

3位 スズキ スペーシア

4位 ダイハツ ウェイク

5位 三菱 ekスペース

やはりダイハツのタントは王道で、売れ筋の車種のようです。

広いスペースを持つ軽自動車の中ではやはり先駆けの車である分、作り込みが他社よりも細かくなっている事は言うまでもありません。

早く出した分、お客さんからの口コミ等も考慮してモデルチェンジを繰り返している訳です。

ここに他社を追随させない理由があるのではないかと感じざる負えません。

軽自動車の値引き

現在車の市場の中で最も買い手の多い軽自動車。

燃費が向上、税金も安い、広くて家族でも乗れる。

良い面が非常に多く、使い勝手も非常に良いとなれば、普通車からの乗り換えを検討する方も増えます。

言ってしまえば値引きなどしなくても売れる市場が現在の軽自動車産業という訳です。

ただ、それを鵜呑みにして営業マンの言い値で購入して良いものでしょうか?

今でこそこのような状況にありますが、以前は軽自動車なりの値引きが出来ていた訳です。

また、最近の軽自動車はスペースも広くなった分価格もグレードによってはミニバンのベースグレード程のモノも少なくありません。

価格が上がったということで、値引く事の出来る幅は逆に多くなっているハズですが逆行しているという訳です。

そこで、これから軽自動車を購入する予定の方は上手な交渉で1円でも多く値引きを引きだす方法を知っておくべきだと思います。

当面はその車に乗り続ける訳です。

交渉するのは今しかない!

ということでこちらの記事を参考に最高額の値引きを引きだしてみてはいかがでしょうか?

浮いたお金でブランドハック、旅行、美味しいご飯。

この辺りならいける範囲になります!

新車値引き!確実に安く購入する為の2つの方法

 

スポンサーリンク

 - 車ネタ