ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

iPhone6sがリーク通り過ぎる【どんなユーザーが買い替えるのか?】

   

スポンサーリンク

iPhone6sの発表がありましたね。

発売日は9月25日。

というか、これは個人的に興味が無かったのか、市場全体が期待薄だったのか、あまり情報が流れ込んできませんでした。

昨年のiiPhone6に関しては大きさが変わるということで、割と大型画面のiPhoneに興味を持った方が情報を発信したり、情報を探したりしており、色々と見かけるケースも多かったように思います。

iPhone6からiPhone6sで変わったこと

もう既に公式で発表されているので、こちらで詳しく記載することも無いと思いますが、敢えて書いていきたいと思います。

カラーの追加

新色はローズゴールド。

薄めのピンク色ですね。

個人的には林家ペーパーさんの着ている位のパッションピンクがあれば購入したいと思いましたが、いかんせんインパクトに欠ける気がします。

綺麗な色だとは思いますが、勝負した色という感じではないですね。

恐らくケースやカバーを購入するから割とどうでも良いという方が大半のような気もします。

スクリーンに3Dタッチ

おおまかに言えば、指で押した時の強弱をスクリーン画面が読み取るという次世代のスクリーンだよ。ということだそうです。

否定するつもりはありませんが、これで何が出来るんだろう。

購入された方はこれをいち早く体感出来るというメリットがあるということで!

CPU、カメラとか

そろそろ、ここら辺での勝負は期待薄ではないかなと感じます。

特にカメラ。

これに関しては各社競いあっているように思いますが、そこまで求められてるのかな?という疑問を感じます。

Appleまで「カメラ凄くなったんだよ!」「自撮りも綺麗に写るよ!」なんて、他のメーカーと同じ事をやり始めてじまったら魅力が薄れてしまう。

どんな人がiPhone6sにするのか?

時期的な話でいくと、iPhone5以前のバージョンをご利用のユーザー様となります。

あとは、色がピンクゴールドがイイネと思った方。

アンドロイドにうんざりしている方。

お金に余裕のある方。

ここまで変化の無いiPhone6sが心底欲しいという方は、変化前の物を利用している方で、私のようなiPhone6を使っている者はあまり興味が沸かないというのが事実です。

恐らくAppleもiPhone6ユーザーを6sにさせようとは思っていないと思いますが、個人的には6のユーザーが買い替えたくなるような物をだして欲しかった。

果たしてiPhone7はどうなるんだろう・・・。

 

スポンサーリンク

 - 最新情報