ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

一般人の試乗レビュー【ハリアーのガソリン車に乗ってきた】

      2015/03/14

スポンサーリンク

本日ハリアーのガソリン車に試乗して参りましたので感想を記事にしたいと思います。

image

1ハリアーは国産車としては上出来な内装

ドアを開けて乗り込むとコックピットでは上質なお出迎えが待っています。

シートも座り心地はgood。

SUVだけあって高い視線は遠くまでしっかりと見渡す事が出来ました。

試乗車のハリアーは下から2番目のグレードのエレガンス。

このグレードでも国内の同等の車ではトップクラスのインテリアだと思います。

2ハリアーの走行性能は至って問題無し

現在2400CCの車に乗っている私にとっては少し物足りないのではないかと思いながら運転を始めましたが、なんのその。

2000CCのガソリン車で引けを取らない走行になっています。

また、モード切り替えが2種類。

ECOモードとパワーモード。

ECOモードは走行だけでなく室内のエアコンまで切り替えて、徹底的にECO走行をします。

アクセスは勿論重く感じました。

感動したのはパワーモード。

以前アウディQ5に乗った時の事を思い出しました。

トルクフルな感じで、信号待ちで隣が同等車なら余裕で前に出られそうです。

総じて国内の道を走るのにはなんら問題ないと感じました。

3ハリアーのエクステリアは好みの問題

ここは好き嫌い分かれますので一概にはなんとも言えませんが、今流行りのSUVであることこもあり良いのではないかと思います。

ただ一点。

フロントの先端のマークの付いている部分のクリアーなプラスチックだけが許せなかった。

ここまで洗練された内容だったので、本当に惜しい。

因みにこの部分はメッキに変更出来るようなので、私と同様気になった方は変更可能です。

4ハリアーの収納は!?

営業マンに聞く限りでは、ミニバン検討中のファミリーもハリアーを購入しているとのこと。

つまり、荷物自体は問題無し。

また、ゴルファーには嬉しいキャディーバックは真横に詰めるトランクサイズ。そして、グレードをプレミア以上にすると電動式のバックドアがもれなく付いてきます。

これは個人的に非常にポイント高いですね。

5どんな人が購入する?

これから国産車を購入する方には一度乗ってもらいたい車種であることは間違いない。

このハリアーは20代の若者から40過ぎの中高年の方、ファミリーカーとしてなど幅広く受け入れられているようです。

6ハリアーの今後について聞いてみた

今までもそうだがホニャララエディションのような特別仕様車は確実に出るとのこと。

どんな中身でエントリーされるかは不明だが、これから検討する方にはもしかすると選択出来る可能性があるのでは?

7ハリアーの競合車種は!?

営業マンの方に聞いたところ殆ど競合車種は無い と言っていました。

強いて挙げるとしたらマツダCX-5とのこと。

ただ、価格帯も違うので恐らくCX-5の予算では競合には難しい。

かといって日産エクストレイルやムラーノも違ってくるようなので、ハリアー購入の際は値引きを引っ張る材料は非常に少ない。

また、売れている車種でもあるためトヨタは強気の姿勢で営業しているように思える。

 

関連記事はこちら

人気のトヨタハリアー2013モデルがマイナーチェンジ!?特別仕様車も!

スポンサーリンク

 - 試乗レビュー【国産車】 , ,