ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

暑くて寝れない【熱帯夜でも節約しながら上手に寝る方法】

   

スポンサーリンク

暑い。暑いです。今年も夏本番となりました。

そしてついに熱帯夜も襲ってきました。

 

皆さん夜はしっかり睡眠をとれておりますでしょうか?

最近では寝る時はエアコンをガンガンつけて毛布を掛けて寝るという方もいらっしゃるようですが、どうしてもエアコンは色々な面でデメリットが出てきてしまいます。

*そうはいってもエアコンの無い夏なんて地獄のようなものですが・・・。

寝る時は出来るだけ良い睡眠を得たいものですね。

明日に疲れを持ちこせば、それこそ体調不良になってしまいます。

ということで、この夏もなんとかして良い睡眠を得る為に色々工夫してみましょう。

エアコンは1時間、あとはアレに頼ってみては?

 

理想としてはベットに入って即寝るのが一番ですが、こう暑いと少し寝るまでに時間がかかってしまう日もあります。

そこで、エアコンは1時間のタイマーをつけておきましょう。

勿論寝る時の温度はしっかり加減が必用です。

ガンガン冷やした部屋では、自律神経がやられてしまったり、体が怠くなる元となるので気を付けて下さい。

理想は27度なんて言いますが、大よそこれ位で良いと思います。

エアコン1時間であれば大した電気代にはなりませんので、しっかりとタイマーの設定をして、あとは「アイス枕」を使いましょう!

 

熱帯夜のアイス枕の使い方

アイス枕というだけあって、恐らく頭の下にひく事を想像した方が多いと思いますが、それよりも効果的な方法がありますのでこちらに記載しておきます。

ずばり言いますと

薄手のタオルで巻いたアイス枕を左脇に挟んで寝る!

これは最高です。

左側には心臓があります。

この近くを通る動脈を冷やす事で、体が涼しく感じるような気がします。

これは私の実体験で本当に熱帯夜でも効果を発揮します。

左側が涼しくなって、まだ眠れない場合は右側も冷やしてみて下さい。

中々寝付けない場合は動脈のある部分を意識して冷やしてみましょう。

これで、大分涼しく眠る事ができます。

 

寝る時間で電気代が変化します。

厳密に言うと、エアコンを使い始める時間が23時以降であれば深夜電力の利用となるので料金が抑えられます。

また、子供さんの居るご家族様は出来る限り一つの部屋を利用する事で、稼働するエアコンの量を減らす事もお忘れなく。

家族仲良く川の字で寝るのも、家計の為思えば問題ないでしょう。

また、アイス枕は一人一つ用意してください。

一番シンプルで効果がある熱帯夜の眠り方だと思います。

 

スポンサーリンク

 - 役立つネタ ,