ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

夏の海行く前に知っておきたい危険生物と対処方法

   

スポンサーリンク

 

 

本格的な夏が到来しましたね。

夏のバカンスに向けて指折り数えている人もいるのではないでしょうか。

 

海や山といった自然を満喫する予定の人は、自然に潜む有毒な危険性物に要注意です。

自然ではなくても、住宅地に潜む危険性物も実は少なくありません。

 

時に夏は、こういった生物が活発になる季節でもあります。

危険生物を見つけても、被害に遭わなければ良いのですが、もしものために、対処法も学んでおきましょう。

 

時にお子さんを連れて行く時は、対処法に加え、緊急時の搬送先もしっかりと把握しておくことが大切です。

 

最近では、海の危険生物の写真や対処法をナビゲートしてくれるスマートフォンアプリもあります。

 

 

海は危険がいっぱい!

夏のレジャーと言えば海ですよね。

今年は沖縄、ハワイとマリンレジャーで有名な土地へ行く予定の人も多いのではないでしょうか。

 

海の危険生物はたくさんいます。

まずはクラゲ。

クラゲは日本全国に様々な種類のクラゲがいますね。

 

一番多いのはアカクラゲとミズクラゲ

海水浴場では、クラゲ防止のネットがされている場合がほとんどですが、深い海を楽しむ場合は要注意です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刺されて命に関わるような毒ではありませんが、刺された場所やショック症状で呼吸困難になるケースも。

ちなみに刺されるとビリっと電気が走ったような刺激がします。

 

体が大きければ大きいほど、刺された時の痛みも強い傾向にあります。

 

ダイビングやシュノーケリングを楽しむ時は、肌の露出をできるだけ少なくしておいた方が良いですね。

万が一刺された時は、棘(刺胞)をタオルやピンセットなどで抜き取り、海水で洗い流し、冷水で冷やして病院へ。

 

よくクラゲには酢と言われますが、酢が効くクラゲと逆効果のクラゲがあるので、行く予定の海に、危険生物の注意喚起のポスターやパンフレットを確認しましょう。

 

ハブクラゲは、酢が有用です。

沖縄の管理事務所のない海でも、お酢が入ったペットボトルだけ無造作に置かれている海もあります。

決して食用には使わないように。

 

また、クラゲ予防、毒が注入されにくくなる「SAFE SEA」という薬もあります。

クマノミの成分が入っており、これを皮膚に塗布すれば、クラゲに刺されにくくなるとか。

ただ、絶対に刺されない保証はないので、あくまでお守り程度に考えましょう。

 

値段は2000円ほどです。

 

 

ゴンズイも毒があるので注意!

gonzui

いわゆる「外道」と呼ばれる魚です。

ナマズに仲間で、黒い体に白い線が入っているのが特徴。

 

食べると美味しいことでも有名ですが、猛毒があり、海の有害生物であることの方がもっと有名。

毒は背びれと胸ひれにあり、釣り人がうっかり触って大変な目に遭うそうです。

踏んだら痛いです。激痛。

 

また、外道ですので、釣った人が堤防に乱雑に捨ててしまい、後から来た人が知らずに踏んでしまうケースも。

ひれは針のように鋭いため、ビーチサンダルやスニーカーも貫通してしまいます。

 

もしうっかり踏んでしまった場合は、すぐにでも患部から毒を絞り出します。

口で吸った方が手っ取り早いかもしれませんが、かなり危険ですので、手か吸引器で絞ってください。

 

痛みは45℃ほどのお湯で和らぎます。

 

そしてすぐに病院へ。

夜でも緊急外来へ行きましょう。

 

 

ミノカサゴも猛毒あり!対処方法を知っておっこう

picture-024

ダイビングやシュノーケリングで注意したい魚の1つがミノカサゴ。

背びれ、尾びれ、胸びれにそれぞれ猛毒を持っています。

珊瑚や岩陰に隠れているので、死角から刺されてしまうケースがあります。

 

見つけても手を伸ばさないようにしてください。結構気が強いです。

カメラで追い回しても怒って突っ込んでくることもあるそうです。

 

また、ミノカサゴの仲間の魚も同様の猛毒を持っており、3日3晩痛みで眠れないとも言われています。

 

対処法はゴンズイ同様、毒を絞り出し、45℃程度のお湯につけてから病院へ。

 

 

 

ヒョウモンダコ

20130626himeno

ダイビングやシュノーケリングをしていると、見たこともないような魚がいてテンションが上がってしまいますよね。

 

ですが、手を出すととんでもないことに…!

 

ヒョウモンダコもその1つです。

ヒョウモンダコは、威嚇として丸い模様を発光させます。

綺麗というよりも気持ち悪いのですが…

 

このヒョウモンダコ、足の間の口からフグと同じ毒を持つ唾液があり、その毒性は青酸カリのおよそ1000倍。

見つけても決して手を出さないようにしてください。

 

解毒剤はありませんが、もし噛まれた場合は毒を絞り出しながら病院へ行きます。

噛まれた患部を絶対に口で吸い出してはいけません。

 

 

オニヒトデ

沖縄のダイバーにとって最も危険な生物の1つ。

腕はたくさんあり、その腕や体全体が棘で覆われています。

見た目からして毒々しいですね。

 

珊瑚を食べる害獣でもありますので、駆除をするベテランのダイバーもいますが、彼らも命がけです。

決して、見かけた時に正義感で駆除しようとしないでください。

 

刺されるとかなり酷く腫れ、痛みは1ヶ月以上続く時も。

 

対処法は、まずは吸引器などで毒を絞り出し、また棘が残っているなら抜きます。

そして、45℃くらいのお湯に患部を漬けてから病院へ。

 

毒に対してアレルギー反応が出る場合もありますので、呼吸困難などの症状が出たら一刻も早く病院へ行きましょう。

 

 

ウツボは有名!近寄らないのがベスト!

02

ウツボは見たまんま凶暴そうですよね。

ご覧のとおり、鋭い歯は大人の指も簡単に食いちぎります。

 

住んでいる場所は岩の隙間。

海中はもちろんですが、浅瀬の岩場にも潜んでいることがあり、うっかり手を入れてウツボに噛みつかれないようにしてください。

 

岩場の隙間をいたずらに棒で突いたりするのも危険です。

 

毒は持ってはいません。

ですが、もし噛まれてしまった時の対処法は、まず傷口を綺麗にすること。

ウツボは色々な魚を食べているので、その分バクテリアも口の中におり、化膿しやすくなっています。

 

出血している場合はすぐに止血します。

傷を綺麗にして、患部をガーゼに巻いて病院へ行きましょう。

 

 

 

他にもまだまだ毒を持っていたり、凶暴な海の生物は存在します。

一番の対処法は、見えたら近付かないこと。

 

ダイビングやシュノーケリングの醍醐味は、海の美しい景色や生物を見るこです。

ですので、完全に危険のない生物と分からない場合は遠くで眺めるだけにしましょう。

 

無理に取ろうとしたりすると、大人しそうな魚や貝も突然攻撃的になる場合があります。

 

また、現地のインストラクターや規定にはきちんと従うこと。

安全に楽しく海を堪能するには、これが一番です。

スポンサーリンク

 - 役立つネタ ,