ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

失敗しないダイエット【ダイエットの成功法まとめ】

      2015/08/17

スポンサーリンク

世の中には沢山のダイエット方法があります。

その中には成功したダイエット、失敗に終わってしまったダイエットがあると思います。

この記事を読んで頂く方は、少なからずダイエットに興味を持ち、体重を減らしたいという思いがあるのではないかと想像できます。

では、失敗しないダイエット成功するダイエットについて記載していきましょう。

 

ダイエットをする時の考え方

さて、正直なところ全員が全員成功するダイエットというのは難しいです。

個々にあったものを探して、自分にあった物が見つかった時にそれを継続していく事が大切なのではないかと思います。

1.運動をするダイエットかしないダイエットか?

ダイエットといって思い浮かぶのが運動です。

まず、自分にとって運動が必要なのか?

また、運動を継続的に出来るのか?

これを考えてみて下さい。

目標の体重まで運動をし続けるというのは、余程の覚悟が無ければ出来ません。

また、自分の置かれている環境は運動に適しているのかも同時に考えてみましょう。

家の中で運動が出来る環境であれば、まだ継続できる可能性はありますが、毎日外へ出てウォーキングをするとなると、寒い冬で雪でも降った日にはサボってしまう可能性が高くなります。

一度サボってしまうと、どうしても人間楽な方へ行きがちになるのでズルズルとやらなくなってしまったりします。

運動をするダイエットを考えている場合はまずは「家の中でもある程度運動が出来る環境にある」というのが一つの境界線になるのではないかと思います。

2.食事、食べ物、飲み物でダイエット

運動の次は飲み食いするものでダイエットを考えてみましょう。

あなたは毎日どれ位物を食べますか?(飲みますか?)

飲食によるダイエットは基本的に食事制限を考えるか、そもそも口に入れる物を考えるかのどちらかになります。

まず、食事制限を考えましょう。

毎日人一倍物を食べたり飲んだりする方は、食事制限によるダイエットは難しくなります。

胃袋が大きいとかではなく、脳がそれ位食べないと満足しない状態にあります。

勿論胃袋も人一倍になっているかもしれません。

食事制限でダイエットを成功させたいという方は、食べている物のそもそものカロリーが高いという方。

毎日高カロリーのものばかり、糖分の多い物ばかりを食べている方。

こういう方は食事の制限で成功する可能性があります。

沢山食べたいのではなく、指定の物を食べたいという欲があるので、食べる量をまず半分にしてみると良いです。

また、間食を避ける為にガムを食べる等して常に脳だけは満腹の状態を作り出すことで成功へ導かれます。

これが出来るようになると、日々のサイクルの中で食べる量を減らし、平行して体重が少しずつ落ちていきます。

また、更にこの状況を加速させるのが、本当に優良なダイエット食品等を取り入れたり、ジュースをやめてお水を飲む等をすることにより、ダイエットで成功するだけではなく、体も健康になっていきます。

ダイエットの成功事例

ここまで記載させて頂いた内容をまとめると、まずは自分に合ったダイエット方法を見つけることが大事だということがお分かり頂けたのではないかと思います。

成功事例として挙げさせていただくと

・運動はしたくない

・食べ物は減らす事が出来そう

この条件の場合は、食事を制限して、さらに食事の内容を考える。

油や炭水化物、糖分を多く含んだ物を控えて、野菜中心の食事に変える。

このように、個々にあったダイエット方法が必ず見つけることが出来ます。

こちらで記載したないようで、一番出来そうな物を選択して始めてみて下さい。

ダイエット最強の失敗事例

ダイエットの失敗事例。

挙げればいくらでもありますが、失敗する方で一番多いのは「続かない、継続出来ない」。

この方はダイエットだけではなく、他の事も長続きしないと思います。

とはいうものの、物事を継続的にやり続ける事というのは非常に難しいことです。

なにもダイエットに失敗した方だけが出来ない訳ではありません。

ただ、今回のダイエットという所に特化して書かせて頂くとすれば「絶対成功しなければならない理由」が必用です。

中途半端な理由で始めたダイエットというのは長続きしないものです。

なので、絶対成功しなければならない理由をまず作って下さい。

それから、継続するためのきっかけとして、何かしらの自分へのスイッチを入れられるようにしましょう。

これは、例えばダイエットの為のダンスDVDをつけるとか、ダイエットサプリを飲むとか。

これも、出来る限りいつも同じ時間にやることで「癖」をつけましょう。

これで、ダイエットの成功率はグンとアップします。

 

ダイエットって何?

ちょっと初心に帰ってみるのも一つ。

ダイエットっていったいなんなんだろう?

一般的にダイエットとは=体重を減らす事である。

でもどうして現状体重があり、どうしたら体重が無くなるのかという根本的な部分に目を向けてみる事で何かヒントがあるかもしれない。

理論的にダイエットを紐解いてみる

ついてしまった脂肪を減らす事で、体重は軽くなる事は間違いないことは言うまでも無いと思う。

では、脂肪とは?

脂肪のカロリーは9kcal/gであり、炭水化物タンパク質の4kcal/gよりも単位重量あたりの熱量が大きく、哺乳類をはじめとして動物の栄養の摂取や貯蔵方法として多く利用されている。

食物から摂取したり、体内で炭水化物から合成された脂肪は肝臓脂肪組織に貯蔵される。脂肪からエネルギーを得るときには、モノグリセリド(かつてはグリセリンとされていた)と脂肪酸に加水分解してから、脂肪酸をβ酸化代謝によりさらにアセチルCoAに分解する。

安静時や強度の低い運動時には脂肪の方がよりも多く使われている。血糖グリコーゲンは利用しやすいが貯蔵量は多くはないので安静時などではあまり多くは使われず、強度の高い運動時などに糖が優先的に使われるようになる[1]

Wikipediaより引用

引用先URL

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA

これを読む限りでは、基本的に普通に物を食べていれば脂肪を摂るということになる。

こうなると選択肢は3つ。

・脂肪を減らす

・脂肪を摂らない

・脂肪を減らして、脂肪をとらない

おそらく、3つ目は一番効果がありそうだが、いきなり無理をしても長続きしない。

まずは「脂肪を減らす」を優先することが一番良いかと思われる。

その理由として「脂肪を摂らない」を選択した場合、物を食べないことになる。

これは人としての食欲を絶つことになり、無理をすれば健康被害もでてきてしまう。

脂肪を減らす。つまりダイエットを行いながら、バランスの良い食事をする。

これをすることで、ダイエットでけではなく、健康な体や綺麗な肌を保つ事が出来るのハズである。

TVを見ていると、脂肪を燃焼させるという謳い文句を売りにしているお茶等があるようだが、やはり脂肪というのは油である。

つまり、体を動かして燃やすのが最適である。

ただ、勘違いしない方が良い事が一つある。

体を動かしたらすぐに結果が出る訳ではないということ。

今までこれでもかという程蓄積した脂肪が1日や2日、1ヶ月や2ヶ月で燃え尽きる筈がない。

根気強く、長くやることで必ず効果が出る。

成功者というのは、成功するまで続けた事で成功者となるのである。

スポンサーリンク

 - ダイエット ,