ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

暑い夏の季節でもドライアイには要注意!

   

スポンサーリンク

 

 

ドライアイ

日本人にはお馴染みの現代病の1つですね。

涙の量が極端に減ったり、涙の質の低下で目の表面を潤すことができなくなり、常に目が乾いているような感覚になる病気です。

 

ドライアイと言えば、空気が乾燥しがちな冬場に起こるものと考えている人が多いようです。

b1

しかし、夏場でも7割の人がドライアイの状態を感じると調査結果が出ているのです。(日本アルコン株式会社調べ)

 

ドライアイの原因は3つの「コン」

3匹の狐がドライアイを引き起こしている訳ではありません。

 

コンタクトレンズ、パソコン、エアコン。

これがドライアイの原因の3つの「コン」なのです。

 

コンタクトレンズによるドライアイ

最近では、コンタクトレンズの使用に眼科医の処方箋が不要になり、さらにワンデイなどの手軽なコンタクトレンズが普及し、より気軽にコンタクトレンズを装着るようになりました。

 

しかし、眼科を受診しない人も増え、また、安いだけで安全性の疑わしいコンタクトレンズを使用する人も増加しているため、目に負担がかかっています。

 

中には、ワンデイ、ワンウイークのコンタクトレンズなのに、それ以上長く使用している人も。

ドライアイどころか失明の危険があるので、絶対にしないでください。

 

処方箋不要と言われていますが、せめて最初は眼科の受診をおすすめします。

また、目が霞む、痒みが強いなどの症状が出てきたら、すぐにでも眼科へ。

 

最近はコンタクトレンズも目の潤いが長く保てる物など、質の良い物が出回っていますので、きちんと調べてから使用しましょう。

 

 

パソコンでドライアイ

ドライアイが多くの人の悩みになったのは、このパソコンの普及も大きいかと思われます。

パソコンの普及率は80%以上、スマートフォンもおよそ60%とほとんどの人が何かしらのデバイスを所持していると言えます。

 

最近では、お年寄りもスマートフォンを使いこなしていますからね。

 

仕事が終わっても、帰りの電車の中、家でも、ジップロックに入れてお風呂で、寝る前まで…これでは目を休める暇はありません。

 

仕事中でも、休憩時間にはスマートフォンを見る人も多いと思われます。10分でも目を休める時間が欲しいですね。

家に帰ったら目をじっくり労ってあげてください。

温かいおしぼり、アイマスクなどがおすすめです。

 

エアコンによるドライアイ

エアコンは、空気を乾燥させてしまうこともありますよね。

コンタクトレンズの表面の劣化も加速させてしまうことも。

オフィスでは温度調節は難しいかもしれませんが、直接風に当たらないようにする、目薬を差すなどをして目に潤いを保つと良いですよ。

 

梅雨になり、エアコンが大活躍の季節がやってきました。

冷え性の方はさらにきついかもしれませんが、自分の目、体を充分に労ってください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 生活