ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

冷めたご飯で痩せられる!?【試したい新しいダイエット方法】

   

スポンサーリンク

 

 

常日頃から痩せたい!と思っていても、なかなかダイエットの成果が上がらないという人に朗報です。

我慢も負担もほとんどなく、しかもコストも余分にかかることのないダイエット方法が今話題となっているのをご存知でしょうか。

 

ダイエットの天敵と言えば、糖分。

今や油を多く含む肉類よりも、糖分を多く含む炭水化物、つまりご飯やパンがダイエットの大きな障壁であることは一般的な認識になってきました。

 

炭水化物抜きダイエットの本も今はたくさん出版されていますね。

ダイエットと炭水化物の因果はそれほど深いものなのです。

 

とは言っても、ご飯の我慢は難しいですよね。

だって、日本の主食ですもの。

ご飯のお供さえあれば、何杯だって行けちゃうんだもの。

 

チャーハン、カレー、最高ですよね。

 

ビールやお酒を飲むからご飯は少なめ、もしくはご飯はナシでも効果はほとんどありません。

なぜなんだ!

 

…そんなご飯好きな方のためにうってつけのダイエット方法が、コレ。

 

その方法とは何と、ご飯を冷めたままで食べる。これだけ。本当にこれだけなのです。

ごはん

驚きですよね。

至ってシンプル。

余計な運動やカロリー計算、一般的ではない食材は機材を新たに買う必要なないのです。

 

ダイエットと、ご飯の温度には大きな関係があるとわかったのはつい最近。

 

冷えたご飯は美味しくないから痩せられる?

いいえ、そうではないのです。

 

ご飯、つまり炭水化物の太る原因は、糖質の代表でもあるでんぷん。

ご飯にはこのでんぷんが多く含まれているために、太ってしまうのです。

 

ご飯の中に含まれているでんぷんは、冷えた状態だとレジスタントスターチという種類になります。

このレジスタントスターチは小腸に消化されにくくいので、炭水化物の主成分である糖が体に入りにくくなる、というからくり。

 

温かいご飯ですと、でんぷんはすべて小腸に吸収されますので、温かいご飯は食べれば食べるほど太ってしまうのです。

 

それだけではなく、冷えたご飯は温かいご飯に比べて固くなりますよね。

固いので自然と咀嚼する回数も増えます。

 

咀嚼はダイエットに効果的なのは有名。

満腹中枢も刺激され、よりダイエットに効果があります。

 

とは言え、シンプルな方法ですがご飯は温かい状態で食べるのが習慣な日本の食卓で、いきなり冷やご飯は抵抗ある人も多いかと思われます。

冷遇されている状況を冷や飯食いと言いますしね。

 

いきなり3食すべて冷めたご飯にするのではなく、まずは1食だけ冷めたご飯にすることから初めてみましょう。

 

お弁当ですと、ご飯は冷たいまではいかずとも、温かくはないですよね。

普段はレンジで温めてからお弁当を食べるという人は、レンジで温めるのを止めてみましょう。

おにぎりにすると、より抵抗なく食べられると思います。

 

お昼ご飯はお店でランチの人も、まずはおにぎりを持っていくことから始めても良いですね。

おかずは好きなものを買っても大丈夫。

 

冷たいお茶漬けもおすすめです。

飲み過ぎた時のシメでも、喉ごしは冷たくて良いわ、太らないわで最高です。

ご飯をざるに上げて流水ででんぷん質を流すとより効果的。

 

さらにこだわる人は、雑穀米の冷ご飯で挑戦してみましょう。

はちみつを入れて炊くと固くなりにくいそうですよ。

 

冷ご飯ダイエットは、コストも特にかからない、運動量を増やす、カロリー計算などの負担もほとんどないお手軽なダイエット。この記事を読んですぐに始められますね。

薄着、水着の季節に向けてのダイエットでも、健康のためのダイエットでも、ぜひ始めてみましょう!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 役立つネタ