ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

ロボットペッパーがソフトバンクより発売!【ペッパーに何が出来るんだ!?】

   

スポンサーリンク

 

ソフトバンクから、人型のロボット「ペッパー」が6月20日に発売されることとなりました!

02

多くの科学者の夢である鉄腕アトムへまた一歩近付いたのです。

今までも、人工知能は開発されて現在は「Siri」などがスマートフォンで活躍していますね。

しかし、ペッパーはより深い知能や感情を持っており、会話も可能。感情だってあるのです。

 

さらには多様な動きもでき、文字通り「ロボットダンス」もできるのですから、今後ペッパーは多様なシーンで活躍が期待されているのです。

 

 

しかし、人型ロボットと言えどもやっぱり携帯電話会社だった…

ペッパーの本体価格は19万8,000円。

かなーり手頃な値段で、お茶の間に一台も可能です。

 

しかし、やはりここはソフトバンク。

月々1万4,800円の基本料金を3年契約で支払う必要があるのです。

 

プラス保険に9,800円が3年。

つまり約25,000円がペッパーの利用料となる訳ですね。

この保険は、ペッパーが故障した時に修理が90%オフになるパック。

保険に未加入の場合は、修理代金が30万から70万ほどになるとか。

 

人間様が入っている保険よりも同等、いや高い場合も…

 

他にも、保険パックを契約していると、ちょっと調子がおかしいと感じた時には無料の相談サービスを受けることができます。

 

19万4,800円(税抜き)に加え、利用料月々25,000円。

これが高いか安いかは人それぞれでしょうね。

 

 

 

ペッパーで何ができるの?

ペッパーの魅力は、なんと言っても感情があること。

人と接するうちに、その人に対して感情の変化が起きる。

嬉しい気持ちの時もあれば、悲しい気持ちの時もあることも。

人間と変わりませんね。

 

一緒に暮らす家族の顔ももちろん覚えますし、対面している相手の顔を見て話しかける言葉も変わってきます。

 

胸のディスプレイでペッパーの感情は可視化できますし、日記をディスプレイに表示するなど、感情と連動させたアプリもあります。

 

 

子供と一緒に遊ぶ、教育機能も搭載

ペッパーの胸のディスプレイでは教育関連アプリが利用できます。

 

童話を読んでくれたり、英語で話しかけてくれたり、ゲームができたりと子供と一緒に学ぶ、遊ぶことも可能。

近い将来、完全に子守ができるようになるかもしれませんが、ペッパーに任せきりになってしまわないか、という心配の声もありますね。

 

他にも、スマートフォンアプリと連携など様々な機能が搭載されています。

今後より便利でペッパーを人間らしくしてくれるアプリも続々と登場するでしょう。

 

 

問題は、ペッパーが人を超えてしまわないか。

これにつきますよね。

 

とあるカラオケチェーンでは、試験的にペッパーを置いており、今後も本格的にペッパーを接客用ロボットとして採用する方針を決定しています。

 

歌を通じて客とコミュニケーションを取れるようにしており、客と対話して、おすすめの曲をチョイスしてくれるそう。

 

また、時には一緒に歌ったり踊ったり。

これは斬新で来店したお客さんも和むでしょうね。

 

今はエントランスでの接客だけですが、今後セッティングや部屋の案内、会計、フードやドリンクのサーブなどもできるようになれば、アルバイトも減ってしまうでしょう。

 

月々25,000円ですもの。

人間のアルバイトを雇うよりもコストは低くなりますよね。

 

しかも、感情があると言っても、おかしな客から絡まれても心は折れないでしょうし、仕事がつらくて出勤できない、急に風邪を引いて休むこともほとんどありません。

 

教育や子守機能だって、さらに進めばペッパーに100%育てられた子供も登場してしまうかもしれません。

SFの世界ですね。

それが是か否かは、その時代の価値観となるでしょう。

 

コンピューターが人間を超えてしまう日が必ず来ると以前から言われていましたが、ペッパーもその一端なのかもしれませんね。

 

よく考えてペッパーと付き合っていく必要があるでしょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 最新情報