ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

結婚式で意外と知られていないマナーのNG

   

スポンサーリンク

 

 

ジューン・ブライドという言葉があるように、6月は結婚の季節。

こんな梅雨のじめじめした時期に結婚式がなんで縁起がいいんだ…と思う人もいるかもしれません。

m

ジューン・ブライドはそもそも欧米の風習。

ジューン・ブライドには諸説あって、1つはギリシャ神話に出てくるゼウスの妻のユーノー(ヘラという名前の方が有名ですね)が祭られる月だから、

 

もう1つは、欧州では3月から5月は農繁期であり、結婚禁止とされるほどに忙しかったから。

 

そしてもう1つは、ヨーロッパは6月が天気の良い日が多い季節だから。

 

と、まあ現代日本ではあまり意味のない由来ではありますよね。

 

ですが、おめでたい日には変わりないので、たとえ梅雨の真っ最中に結婚式の招待状をもらっても文句はなしです。心からお祝いしましょう。

 

さて、現代は冠婚葬祭、取り分けて結婚に関してはかなりフリーダムになってきましたよね。

自分たちの思い出の土地で、思い出の日で、憧れの土地で…などなど、形式にこだわらず、また若いカップルや招待客の負担にならないようにしている式も。

 

ドレスコードも、一昔前とは違い、かなり縛りもないものも増えてきました。

ですが、最低限のマナーだけはきちんと守り参列するべきでしょう。

 

結婚式でのマナーが悪いと、あなたの評判や信頼が落ちるだけではなく、招待した側、つまりは新郎か新婦の評判に傷がついてしまうのです。

 

マナーの本やコラムは数多くありますが、結構見落とされてしまうもの。

服やヘアサロンに予約を入れる前に、一度は確認しておきましょう。

 

結婚式で服の色は白NG!

基本ですね。

白は花嫁の色ですので、白または白を基調にしたドレスは絶対に避けましょう。

 

ベージュやクリーム色も照明次第では白に見える場合もありますので、濃い色の上着やコサージュなどを着けておきます。

 

逆に真っ黒もNG。

日本では黒は忌を連想してしまうので、同じ黒でもラメ入りや光沢のあるものを選びましょう。

 

アニマル柄、ファーもよろしくありません。

動物系は殺生を連想させるので、アニマル柄やファー(たとえフェイクファーでも)も避けましょう。

バッグも同様に、革製品は使わない方が無難です。

 

アニマル柄はよほど上手にコーディネートしないと品よく見せられませんしね。

 

肌の露出は控えめに。

顔を出すのは致し方ないですが、肩、膝から下の肌は隠します。

背中が大きく開いたドレスは論外です。

美脚は別の機会に披露しましょう。

 

足元も見られています!

必ずストッキングやタイツを。

また、肌色、真っ黒なストッキングもNG。

理由は素足に見間違われたり、黒は縁起が悪いからです。

 

ラメや模様のあるストッキングがいいですね。

 

靴もいくらブランド物で華やかだからと言って、サンダルやミュールはNG。

歩く時に派手な音が出ない靴を選びましょう。

格好だけではなくて、式中のふるまいも節度を守って!

歓談中ならまだしも、スピーチ中に大声でしゃべるのは良くないですよね。

ヤジを飛ばすなんてもってのほか。

 

長いスピーチで辟易しているかもしれませんが、ここは静かに聞いておくのが大人です。

 

お酒も飲み過ぎない、勧め過ぎない。

おめでたい日ですし、お酒も好きなだけ飲んでと振る舞われるのですが、調子に乗って酔っ払うまで飲むのは見苦しいことこの上ないです。

 

酔って暴言、暴挙に出る人も中にはいますよね。

中には救急車やパトカーが出動してしまうケースもあるのです。

後日、新郎新婦や新郎新婦親戚一同に謝罪に回るような事態にならないようにお酒を楽しみましょう。

 

最近は、服やネクタイなどのちょっとしたマナー違反は見逃してくれる傾向にありますが、できれば気をつけたいものです。

 

式中のふるまいも、大人の常識の範囲内で楽しめば大丈夫です。

羽目を外すのは、ごく親しい間柄だけのパーティーで。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 役立つネタ