ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

沈まないスマホカバー登場!夏はこれでバッチリ

   

スポンサーリンク

 

大雨が続き、鬱々としますが、この梅雨が過ぎればいよいよ夏。

海にプール、キャンプと水のレジャーへ行く機会もぐぐっと増えるでしょう。

 

そこで問題となるがの、スマートフォンの水没。

スマートフォンの水没は携帯電話の水没同様、春夏秋冬、水のあるシーンならばどこでもあり得るのですが、やはり海やプールで水没トラブルは起こりやすいもの。

aded

スマートフォンや携帯電話はちゃんと首に下げている、鞄につないでるから大丈夫!

という人でも、波しぶきが盛大にかかってしまったり、ジュースを被ってしまったりとレジャーでは思わぬトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。

 

ですので、スマートフォンや精密機械は完全に防水してレジャーに行きたいものですよね。

防水端末と宣伝している機種でも、海水やジュースなどの糖分をたっぷり含んだ水分には弱かったりするのです。

 

そこで、現在アメリカを中心に話題になっているのが「Shower Cace Smartphone Holder」(シャワーケーススマートフォンホルダー)。

 

あのアメリカの発明サイトKickstarterから登場。

瞬く間に海外で話題となったアイテムなのです。

 

今までも、スマートフォン向けの防水ケースやカバーなど数多く発売されていたのですが、なかなか普及しませんでした。

防水カバーから画面をタップしても、なかなか反応しない場合が多かったのが、その理由なのです。

 

スマートフォンや携帯ゲーム機器で一番防水機能が高いのはジップロックなんて説もあるくらいです。

 

しかし、このシャワーケーススマートフォンホルダーは、どのスマートフォンのサイズにも対応しているのに、どのサイズでもぴっちりとカバーでき、水も浜辺の細かい砂も完全防備。

 

他のスマートフォンよりも一回り大きなサイズのiPhone6だってフィットしてしまうのです。

 

さらに完全防水だけではなく、水に浮くこともシャワーケーススマートフォンホルダーの大きな魅力。

水没は、文字通り水に沈むこと。

水で機械がダメになってしまう上に、見つからなくなってしまうダブルパンチも防げるのです。

 

人口密度の高いプールの底にスマートフォンが沈もうならば、探すのにも大変な目に遭ってしまいますね…

人工的に管理されているプールなら、まだ見つかる可能性は高いのですが、海や川に落としてしまったらそのまま流れてしまう場合も。

 

ですが水に浮くのならスマートフォンを簡単に救出ができます。

しかも、ケースには吸盤が付いているので、お風呂の壁にくっつけることが可能。

お風呂にゆっくり入りながらスマートフォンを楽しむこともできるのです。

 

お風呂やごろ寝しながらネットするのは本当に楽しいですからね!

 

Kickstarterで現在注目されているシャワーケーススマートフォンホルダー。

Kickstarterサイト内で、現在も資金を募集中です。締め切りは6月21日。

 

目標金額が集まれば、いよいよ完全に商品化となるのです。

 

資金は日本円で約1,800円以上。(15ドル)

投資すればシャワーケーススマートフォンホルダーの試作品が1台進呈されます。

円安の時代ではありますが、この機能で約1800円ほどでしたらリーズナブル、むしろお得ではないでしょうか?

 

発送は残念ながら今年11月頃から。

今年の夏のレジャーには間に合いませんが、水場で作業する人には持って来いかもしれませんね。

 

まだ完全に商品化されてはいないのですが、カバー性、画面の感度、吸盤と機能はかなりのものが期待できますので、ケースの活躍の場は海やプール以外にもたくさんあります。

 

今までジップロックを愛用していた人も、デザイン性の高く実用的なケースでオシャレに演出、お出かけもより楽しくなること間違いなしですね。

 

いち早く便利なツールでスマホを楽しんでみるのも良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 - 役立つネタ