ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

バッファロー「おもいでばこ」があれば全てを記録しておける! 

   

スポンサーリンク

一家に一台 バッファロー「おもいでばこ」

 

写真もデジタル化が進み、今やフィルムの写真は過去のものとなりましたね。

データとして保管ができるので省スペースや劣化の心配もないデジタル写真ですが、それでもサイズや枚数が多いとかなりの容量となります。

 

大量のデータはCD-RやSDカードに保管すれば良いのですが、何枚ものCD−RやSDとなると、日付を記入していてもあの時の写真はどこだっけ…?と一々メディアを差し替えて探すのも面倒ですよね。スマホやPCに入れたままにしておけば、それだけ容量を食ってしまうので、動作に支障が出る場合もあります。

 

最近では、クラウドストレージに保管するサービスも増えていますね。

デジタルビデオカメラを販売しているメーカーでもクラウドストレージサービスを展開しています。

 

クラウドストレージも良いですが、お勧めはバッファロー社の「おもいでばこ」。

480x

バッファロー社と言えば、外付けHDや無線LANなどのPC周辺機器メーカーとしても有名ですよね。

同社の製品は黒いという勝手なイメージがありましたが、おいでばこは白。

パステルカラーのポップなロゴも可愛いですね。

 

大きさも最新型のタイプはDVDケースより小さめの底面積。

リビングに置いても、PCの側に置いても邪魔になりません。

PCをコアに使う人よりも、デジタル機器初心者でも簡単に扱える人向けのようですね。

 

おもいでばこの特徴は、何と言っても1TBから2TBもの大容量のデータを保管ができること。

クラウドストレージサービスは、無料で使う場合はだいたい500GBほど。

それ以上は提供していないか、あるいは有料でのサービスとなるケースがほとんどです。

 

500GBでも結構な量なのですが、動画も含めるとすぐに限界に達してしまうものなのですよね。

特に、お子さんが生まれた時からつぶさに記録している人は、デジタル機器の容量には悩まされている人も少なくありません。

 

おもいでばこはスマートフォンとの連携も可能。

スマートフォンで専用アプリをインストールすれば、すぐにおもいでばこへ送信が可能に。

SNSへの投稿もスムーズにできるので、スマートフォンとおもいでばこがあれば、思い出の写真の保存と共有が簡単にできます。

 

おもいでばこを購入する前のデータも楽に移動ができるのです。

USB端子、SDカードスロットがあるので、今までデータを保管していたUSBメモリや外付けHDなどのメディアからもすぐに取り込んで自動的に整理してくれます。

 

アナログ写真もスキャンしてデータを取り込めば大丈夫。

昭和の思い出だって風化しません。

 

保存したデータもアルバム型、カレンダー型など様々な形にワンタッチでできますので、検索も簡単。

HDMIとACアダプターでテレビやPCと繋げて大画面で楽しむこともできるのは、クラウドストレージサービスにはない大きなメリット。

 

価格は1TB 25,980円

2TB 51,000円

現在は500MGの廉価版も販売されています。(21,000円ほど)

 

バッファロー社サイトまたはAmazonなどの通信販売サイトで発売中です。

 

実は、5月9日(土)まで1TB版が6,000円引きでのセールだったようなのです!残念。

ゴールデンウィークでたくさん写真やビデオと撮ったという方、写真を撮りっぱなしでまったく整理してこなかったという人は、これを機におもいでばこにたくさんの思い出を残しておくのも良いですね。

 

スポンサーリンク

 - 注目の商品