ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

通信コストを極限まで抑えたい【格安SIMスマホ価格比較】

   

スポンサーリンク

以前にも少し記事にしましたが、再度格安スマホについての記事を書いていこうと思います。

今回は安い格安スマホで通信費を抑える為に必要な情報を盛り込んでいこうと思います。

格安SIM通信費ランキング

ということで、やはり価格競争の否めない状況になった昨今。

大手ドコモ、AU、ソフトバンクもうかうかしていられない状況になりそうです。

ユーザーは必ずしも名の知れた物を使いたいとは限りません。

また、企業努力により通信費が安くなるのであればウェルカムという方は非常に多いのではないかと思います。

まずはランキング形式で安い物を絞っていきたいと思います。

1位 DMMモバイル

DMM mobile

価格は660円~となっております。

いきなり1位から発表しましたが、コレこそ一番お勧め出来るMVNOと言えます。

その理由としては、やはり金額、通信エリア等トータル的な部分が大きいです。

現在大手通信企業で利用するとなると、基本料金と最低限のオプションの契約で6,000円程になります。

1ヶ月の支払いが9カ月分の支払いとなってしまいますので、長い目で見ると非常にコストを抑える事が出来ます。

DMMモバイルの通信はNTTドコモで利用できる範囲で通信をお行う事が出来るので、通信エリアに関しても大よそ問題はありません。

正直お勧めです。

2位 U-NEXT

U-mobile

こちらも価格に関しては680円~ということで、DMMモバイルに引けを取らない価格を提供しています。

また、LTEの使い放題プランが2,730円~となっているので学生さんには非常にお勧め出来ます。

現在の通信業界の料金プランの仕組みとして、契約したプランの内容量を上回った場合は通信速度が極端に遅くなるというものが一般的でう。

U-NEXTでは使い放題のプランが提供されているので超ヘビーユーザーでも問題はありません。

あまり使わない方はDMM、利用頻度が多いという方はU-NEXTという切り分けで良いのではないかと思います。

 

3位 OCNモバイル

OCN モバイル ONE

NTTドコモではなく、NTTコミュニケーションズの提供しているOCNモバイルが3位。

やはりブランドの持つ力は強いです。

とはいえ、金額は972円~となっております。

先ほど挙げた大手通信企業の提供する料金よりは大幅に安価に利用する事が出来ます。


 

これから格安のスマートフォンやSIMカードに関しては更に競争が激化することが考えられます。

ただ、こちらで挙げた金額を下回るとなると非常に難しくなってくるのではないかと思います。

金額も大きくない為、とにかく一回使ってみることで、良し悪しは分かり易くなります。

時期によってキャンペーン等もあると思いますので、見計らってご契約いただくのが最善の策と思われます。(キャンペーンはほぼ毎月やっているようです。)

スポンサーリンク

 - モバイル情報