ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

アップルウォッチ購入後すぐ使えるアプリ一覧【購入予定者必読!】

   

スポンサーリンク

2015年発売が予定されているアップルウォッチ。

アップルの時計では勿論アプリケーションを使う事が出来る。

今現在直ぐに使える予定になっているアプリケーションをこちらでおさらいしておいてもらいたいと思う。

アップルウォッチ専用アプリ一覧

①Yhoo!ニュースアプリ

言わずと知れた話題情報を直ぐに知る事の出来る情報サイトのアプリケーション。

アップルウォッチの小さな画面の中でも一目でニュースが確認出来る。

②Moneytree

銀行の口座残高等をアップルウォッチの中で確認出来る。

無料版とプレミアム版があり、プレミアムは月600円となっている。

③NAVITIME

通勤時間等がどれ位かかるのかが手元で分かるアプリケーション。

何時に自宅を出れば良いのかが分かるので非常に便利なアプリである。

④エキサイト英語翻訳

スマートフォンでも目にすることのアプリの一つだ!

音声入力に対応しているので、街で外国人の方に話しかけられても直ぐに意味がわかってしまう。

⑤LINE

メッセージの通知がメイン機能となる。

また、やりとりを表示することは可能なようだ。

⑥クックパッド

手元にレシピが表示される。

また、タイマー等の機能も使えるとのことである。

⑦Twitter

もともと長文を入力する訳ではないツイッターもアップルウォッチで。

タイムラインの確認やトレンド情報のチェックに利用できそうだ。

 

アップルウォッチのアプリについて

これから、沢山のアプリケーションがアップルウォッチ専用でリリースされそうである。

スマートウォッチの中でも非常に注目度の高い商品であることは間違いないので、是非使ってみたいというのが正直な感想である。

ただ、それとは裏腹な気持ちも一つある。

「スマートフォン出すのってそんなに面倒ですか?」

敢えて時計でアプリケーションを動かす必要性に疑問が走っている。

また、iPhoneを含めたスマートフォンはどんどん画面が大きくなっていっている。

これは見やすさを追求した結果と言えるが、果たして今後「アップルウォッチならでは」の便利なアプリがリリースされるのだろうか?

個人的には「アップルウォッチでSuica」なんかが出来れば割と便利なのではないかと思う。

画面が小さいのでどうしても「見る」という作業はスマートフォンから移行が難しいのではないであろうか。

 

今後の展開に期待したいと思います。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - 最新情報