ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

貧乏暇なし【貧乏生活を改めたい方が治した方が良い4つの事】

   

スポンサーリンク

毎月の生活もままならない。

消費税増税で家庭に支障が大きい。

節約、節約また節約。

こんな方はいらっしゃらないでしょうか?

いえ、明日は我が身。

こうしてブログを更新できているのも今のうちかもしれない。

ある意味現状で生活の保障がされているという方は、一般的には少ないのではないでしょうか。

ということで、本日は「貧乏暇なし」な生活をしている方に向けて記事を書いていこうとおもっております。

貧乏の基準とは?

恐らくこの記事を読んでらっしゃる方は「自分が貧乏だと思っている」という方か、興味本位で覗いて頂いた方が居るのではないかと思います。

多くの方は前者という前提で記事を進めていきます。

恐らく、自分で貧乏だと思っている方は貧乏なのではないかと思います。

極端な話、年収1000万の方が毎月80万円のローンを組んでいたら貧乏な生活を送るのではないでしょうか。

よく、フェラーリ貧乏なんていう方も昔は聞きました。

2500万円のフェラーリの購入費とその維持費で生活がカツカツになってしまう。

貧乏の形はそれぞれですが、極端な事でなければ年収200万円代というと、状況によっては厳しい生活かもしれません。

また、貧乏というのは気持ちや心という部分も大きいのではないかと思います。

毎月5万円しかなくても生活出来る人も居ます。

食べる物を自分で作り、電気は基本的にそんなに使わない、田舎の暮らしで、お金を使う場所もそんなに無い。

そんな方にとってはあまり意味の無い記事になってしまいますが、そうでもなかったらこの先も是非読んでみて下さい。

貧乏人の行動

前置が長くなりましたが、貧乏な方には共通点があるように思います。

1どうしても欲しい物を買わない

これ、一見意味が分からないかもしれません。

例えばどうしても欲しい時計があるとします。

仮に100万円の物。

この金額は時計としては、一般的には高価な物かとおもいます。

これがどうしても欲しいんだけど、高くて買わない、買えない。

こういう方はだいたい、細かい物を沢山買う傾向があります。

時計は買えないけど、洋服を買ったり、靴を買ったり、少しいい鞄を買ったり。

これは欲求で言う「ハラペコ」の状態なのではないかと思います。

お腹が空いている時ってお店に行くとあれも食べたい、これも食べたいという風になりませんか?

実際食べてみるとそんなに沢山食べられないんです。

この時計という物を欲しいと思っている方は、このどうしても欲しい物を購入出来なくて、他で目に映った少し欲しい物を購入し続けます。

少し欲しい物は、そんなに高価な物でもなく、いつでも購入出来る物だったりするので飽きてしまったらポイっとしてしまいます。

結局少し欲しい物の金額は時計より高額になっているというケースがあります。

それならいっそのこと絶対欲しい物を購入すべきです。

それは絶対に大切に扱うし、それだけ高価なものであればいざとなった時にはしっかりとした値段で買取ってくれたりするものも多いからです。

POINT1:少し欲しいものより一番欲しい物を買う

 

2自分の限界を決めつけている

世の中には色々な状況の中生活している方がおります。

その中でも、努力をしない、自分には出来ないと決めつけている方が非常に多いように思います。

これは貧乏な方にも多いのではないかと思います。

例えば、本当に貧乏な状況が嫌なら、何故何もしないのか?

自分が貧乏という状況を抜け出す為にどの位のお金が必要なのか?

そのお金がどうしたら手に入るのか?

まずは疑問を持ち、その解決方法を探っていく必要があると思います。

恐らく、本当に貧乏が嫌な方はこうして色々な事を模索して自分で解決していく努力と根性が必要です。

私の場合は貧乏だからという理由が大きい訳ではありませんが、それでも自分で考えて色々な事を考えてやっております。

もし何かやりたいと考えた方は是非以下の記事をご参考にして頂けたらと思います。

ポイントサイト稼げるの?【老舗げん玉って儲かる?稼げる?検証レビュー】

ブログ収入初心者必見!【ネットで収入は得られる!確実にお小遣いをGETする方法】

何もしないのが一番宜しくありません。

是非何かに取り組んでみて下さい。

3ローンを組む

現金で購入出来ないような住宅はさておき、数十万円程度の物にローンを組む。

これは非常に非効率です。

今や銀行にお金を預けておいても0.05%などの金利しか受け取れない中、ローンを組むと6%~中には10%の金利を取るような会社もあります。

これは、カード会社に手数料を毎月しはらっている状況になります。

欲しかった物を買うために、その欲しい物以上の金額を支払うことになります。

今の世の中で、どうしても今なければならないなんていう物はそう多くは無いと思います。

どうしても必要でない場合は金利の掛かる回数でローンを組むという事は得策ではありません。

これも貧乏まっしぐらの方が良く利用するお金の使い方です。

4無駄な時間を使いすぎる

一概に言えませんが、今や無料で遊べるゲームや動画などは本当に沢山あります。

これに時間を費やし過ぎていませんか?

「時は金なり」

貧乏で居たくないのであれば、無料の物で遊び続けるよりは、無料の物を使ってお金にする事も考えた方が良いかと思います。

 


いかがでしたでしょうか?

私は上記の事を考えたのが20代前半の頃でした。

もしもっと早く気が付いていれば、今の状況よりももっと良い環境を作り上げられたのではないかと思います。

しかし、貧乏というのも一つのチャンスなのです。

努力をする機会を与えられている。

そうポジティブに考えながら貧乏から抜け出す方法を考える参考になればと思います。

 

 

スポンサーリンク

 - お金に関する記事 ,