ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

レクサス「LF-SA」を発表!【レクサスの最下位モデルはこれで揺るがない】

   

スポンサーリンク

レクサスがジュネーブモーターショーで発表したのが新しいモデルの「LF-SA」である。

ダウンロード (3)

コンセプトとしては「ウルトラコンパクト」という新たな市場開拓に動いたような状況となった。

サイズ

全長・全高・全幅 3450・1700・1430

と、本当に小さなレクサスが登場した。

想定されるのは都市での狭い道に使用されることを考えて作られたとんおことだが、流石に少し小さすぎるように思える。

市販時の価格を予想

もしLF-SAが発売となった場合だが、SA180tとかそんな感じになるのであろうか。

その場合価格がどんな感じになるのか予想してみた。

現在ISのボトム価格は4,382,000円となっている。

これに対してCTは3,661,714円である。

*話は反れるが両方税込の価格をカタログで調べたが、CTの値段が細かすぎて驚いた。

価格差はおおよそ700,000円となっている。

単純な予想をするともしLF-SAが市販化された場合、ボトムは3,000,000円を切ってくる可能性もある。

それにしても、あのサイズの車がレクサスである必要があるのかは少し疑問があるが・・・。

恐らく競合はBMWのi3であろう

images (3)

この車こう見えても500万もする。

ただ、レクサスのLF-SAよりは少し使い勝手がよさそうに思える。

もし、BMW「i」シリーズのような充電式という最先端の技術を駆使して作られるのであればCTよりも価格が上がってしまうように思うが、CTの下位モデルとして出されることが予想されている為、恐らくガソリンスタンドへ行く事になるであろう。

今後の車の可能性という意味では、充電式の車が世に浸透されるようにインフラ整備が必要になるのではないかと思うが、まだまだガソリン車から抜け出すには早いように思える。

しかし、技術開発は常に新しい物を見ていると思うと少しわくわくしてくるのも事実である。

一体未来にはどんな車が走っているのか。

陰ながら自動車業界を応援したいと思う。

LF-SAのプラットホームはアレか?

ダウンロード (4)

本当にごくたまぁ~にみかけるトヨタの「iQ」。

今回のLF-SAはまさにこのサイズ、この形。

グリルはレクサスのものとなっており、内装もそれ相応のものに作られるのであろうことが簡単に予想出来るが、果たして流行るのであろうか?

 

個人的には、難しいのは分かるがそろそろステーションワゴンタイプの物が出ても良い気がする。

国内では、アウディA4アバント等は割と見かけるケースが増えている。

これは家族乗りも出来る輸入車で、かつなんとか手が出せる家庭があるということを物語っているように思うが、広い世界ではレクサスはステーションワゴンを世に出せない理由があるのであろう。

そうなってくれば、レクサスが欲しい家族4人~5人の子供を持つ世帯としてはどうしてもRXとなってくるが価格帯がプレミアム価格の為なかなか手が出ない。

最近ではそういった層がNXかハリアーか・・・。のような状況となっているように思えるが、今後のレクサスのコンセプトにファミリー層でもなんとか購入出来るものが発表される事を楽しみにしたいと思う。

 

スポンサーリンク

 - 車ネタ ,