ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

カレンダーアプリMoca【無料かつ使えるアプリレビュー】

   

スポンサーリンク

今日は、カレンダーアプリ「月特化カレンダーMoca」についてご紹介させて頂きます。
そもそも、カレンダーなんて予定は手帳に記すからいらないとか、純正カレンダーを使って居る人にも、1度検討していただきたいアプリです。

1.月特化カレンダーアプリMocaアプリの特徴

月特化カレンダーという名の通り、1日の予定やタスクを管理するより、月全体での予定を把握する事に長けたカレンダーです。
下にスクロールしていくと、翌月のカレンダーがそのまま表示され続けていくので、下旬~翌上旬にかけて見やすい作りになっています。
月ごとにページ切り替えするタイプだと、31日と1日に連続で予定があるとき面倒ですが、このアプリなら31日と1日がちゃんと隣にあるので、楽ですね。
任意の日にちをタップすると、アプリ下部にその日の予定が表示されます。
設定で、カレンダーをかなり自分好みにカスタマイズできます。
週の開始曜日が選択できます。
日月だけじゃなく、火~土も選択可能なので、個人のライフスタイルに合わせて使いやすい構成にできますね。
文字サイズや1日のイベントの数、プレビュー画面の表示数も設定でいじれます。
文字を小さくして数を増やせば、一度にたくさん表示して一目で確認できます。
標準装備のリマインダーアプリと連動させて、リマインダーで登録した予定をこちらに登録させる事も可能です。
このアプリの大体の特徴はこんな感じです。

2.月特化アプリMocaの料金について

基本無料のアプリです。
下部に広告がありますが、200円で広告解除ができます。
気になる人は解除すれば快適に使えますが、筆者は無料版で使用しても、それほど気になりませんでした。
課金要素はそれだけです。

3.月特化カレンダーアプリMoca筆者おすすめの使い方

「月間画面に時刻を表示」の機能をオンにして、開始時刻と終了時刻を表示します。
「月間画面での文字サイズ」を9ptにして、「1日に表示するイベントの数」、「プレビュー画面の表示行数」を5にします。
「ホーム画面のアイコン」を「今日の日付」に設定します。
「地域(タイムゾーン)」を「Tokyo」に設定します。
これで、1画面で1月分+αの予定が時刻付きで一覧表示ができ、任意の日にちをタップすればその日の予定が5つまで表示されます。
予定数が少ないようなら、なるべく少なく設定しておいたほうが、月間画面で多くの日付分が1度に表示されて快適だと思います。
筆者は、文字が小さくても1度に一気に広範囲の予定を表示することを優先し、こんな設定にしています。
他にも、文字サイズを大きくして、イベント数とプレビュー数を多くすればイベント多くても対応できますので、つかいやすいいように設定してカスタマイズすれば、使いやすいカレンダーアプリになることは間違いないです。

4.アプリについてのまとめ

以上、ざっくりした説明でしたがいかがでしたでしょうか。
正直、説明を見るよりも1度使って頂きたいアプリです。
無料ですので、騙されたと思って使ってみることを強くおすすめ致します。
ぜひ、使ってみて下さい。

スポンサーリンク

 - 役立つアプリ , , ,