ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

花粉症対策は大丈夫?【今年は例年の2倍の予想】

   

スポンサーリンク

 

 

花粉症って辛いですよね。

3月頃から、鼻や目が異常に痒くなる人も多いかと思われます。

 

東京都では、現在すでにスギの花粉が観測されています。

例年よりも5日早い観測で、さらに花粉量も2倍ほどの量であるとか。

 

東京都はホームページで都内の各地域の花粉量を観測結果を発表しており、花粉の多い日はマスクやメガネなどの対策を呼びかけています。

91

 

花粉症対策アプリ「花粉.Ch」

ウェザーニューズが開発したアプリウェザーニューズタッチには「花粉.Ch(かふんチャンネル)」というコンテンツがあります。

111

 

花粉の飛散状況はもちろん、花粉症か?1日のくしゃみの回数は?などの質問に答えると、過去10年間ウェザーニューズで蓄積した花粉データを元に、登録者の花粉症タイプを分析してくれるスグレモノ。

 

このデータを元に、個人に合わせた花粉症対策を提示してくれるのです。

家を出る前にチェックして、マスク、メガネ、目薬などが必要なのかがわかるので、大変便利です。

 

ウェザーニューズタッチはAndroid、iOS両方に対応しています。

Android版 https://play.google.com/store/apps/details?id=wni.WeathernewsTouch.jp&hl=ja

iOS版 https://itunes.apple.com/jp/app/u-ezanyusu-tatchi/id302955766?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

 

 

花粉症と風邪の見分け方

くしゃみや鼻水が続いて、「風邪かな…」と思ったら実は花粉症だった。そんなことはありませんか?

花粉の季節は2月下旬頃ですので、他にアレルギーがなければ、それ以前のくしゃみや鼻水は風邪によるものと考えても良いでしょう。

 

花粉症の鼻水はサラサラ、風邪の鼻水はドロドロです。

鼻水が何もせずにタラーっと流れる場合は花粉症の疑いが強いです。風邪の場合は膿のようにドロドロします。他にも、喉はかゆみが強い場合は花粉症、痛みが強い場合は風邪が考えられます。

 

また、風邪は長くても10日程度で治りますが、花粉症の場合は2週間以上続きます。

風邪が長引いているな、と感じたらまずは医療機関を受診しましょう。

毎年春になると風邪をひいている、という人も少なくありません。

 

 

今年の花粉は、早めの対策を

先述しましたが、今年の花粉は例年よりも早く飛散しています。

花粉症予防は、まずは花粉を目や鼻に入れないことが大切です。

 

マスクは花粉の侵入を防ぐ立体的なものを。

鼻に直接塗って花粉から粘膜をガードする薬も市販されていますね。

最近は便利な花粉症対策グッズが多く出回っているので、是非活用してみましょう。

スポンサーリンク

 - 最新情報 ,