ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

スズキのクロスオーバーSUV車 ハスラーと新型イグニスどちらが買い?

   

スポンサーリンク

 

2013年末から2015年まで飛ぶ鳥を落とす勢いだったスズキのクロスオーバーSUV車ハスラー。 

ハスラーの驀進を後追いするように登場したのが新型イグニス。

初代スイフトの後継車として2015年末から注目を浴びていました。

これからクロスオーバーSUV車、コンパクトカーを買おうとする人の中には、軽自動車でありながらもハスラーを候補に入れている人も多いのではないでしょうか。

軽自動車とコンパクトカーのSUV車。

おなじスズキでも、その違いはあるのでしょうか?

ハスラー、イグニスとも愛嬌のあるエクステリア

ハスラーで多くの人を驚かせたのが、丸いライトと目の覚めるようなボディカラー。

「どうせなら思い切った色を」との声でかなりショッキングな色がラインナップに並びました。

実際の人気カラーは赤(フェニックスレッドパール)とカーキ(クールカーキパールメタリック)で、やはり落ち着いたボディカラーが人気ですが、ド派手な色は多くの人に印象付けることに成功しました。

昨今の軽自動車の箱型を踏襲しつつも、独特の愛嬌たっぷりのフォルムとカラーは他の軽自動車の追随を許しません。

一方新型イグニスも愛嬌のあるお顔。

四角のフロントライトも、グリルと一体化することによって、いかつい雰囲気を消し去っていますね。

フロントはともかく、どっしりとしたリアは「ダサい」と非難を浴びていましたが、シンプルで使い勝手の良さを追求したデザインは、続報が出る度に見慣れてというか、そこもまたスズキらしさと思えてくるでしょう。

ボディカラーもハスラーまでとは言いませんが、コンセプトカラーのオレンジ(フレイムパールオレンジメタリック)はかなり冒険をしたのではないでしょうか。

イグニスもツートンカラーはオプションで可能です。

ちなみにハスラーもイグニスも白とシルバーはオプション料金。

インテリアも独自のスタイル

ハスラーは、ボディカラーとインパネが同じ色を取り入れているエクステリア。

女性受けはバッチリです。

また新型イグニスも、ハスラーほどではありませんが、インテリアにボディカラーと同色を入れています。

基本的にシンプルな内装ですが、グレードによってはステアリングやシフトノブが本革なのはコンパクトカーの余裕でしょうか。

なんと!室内の広さはハスラーの方が上

なんと新型イグニスは、室内の広さが軽自動車であるハスラーよりも狭いのです。

室内長

ハスラー2160mm

イグニス2020mm

これは前回の新型イグニス試乗評価の記事でも書きましたが、成人男性の頭が天井についてしまいそうなほどの狭さ。

ただ狭くて運転しにくいということはなく、シートをフルフラットにした状態では男性でも横になるのも可能だとか。

インテリアがシンプルで明るい色を使っているので、一見狭さを感じさせないので注意が必要ですね。

リアシートも、ハスラー以上に人を乗せることには適していないそうです。

乗せるとしても、子供2人が限界でしょう。

ハスラーとイグニスの走りは?

軽自動車とコンパクトカーと比較するのは、と思われますが最近の軽自動車は制限があるにも関わらずかなりのパワーがありますね。

ハスラーは「軽にしてはいい走り」

イグニスも「コンパクトカーにしてはいい走り」

という感想が挙がっていますね。

運転の感触は好みもあるので人それぞれですが、購入を考えている人は「軽だから」「コンパクトカーだから」との考えで乗っているので、走りに関してはそれほど不満はないようです。

それでもハスラーは軽自動車ですので、高速道路を良く利用する場合はターボが欲しくなるかもしれません。

そのハスラーの2倍の排気量の新型イグニスは、はやり加速も安定感も文句なし。

重量がコンパクトカーにしては軽いのですが(880kgから920kg)、ふらつきも感じないそうです。

問題はオンロードではなくオフロード。

SUV車ですので、やはりオフロードを走らせてみたいですよね。

雪が降る地域に住んでいる人でも、ハスラーは車高の高く安心だそうです。

4WDはヒルディセントコントロールやグリップコントロールも装備されている万全ぶり(だからと言って、油断したりスタッドレスタイヤも付けないのは絶対にNGです!)。

もちろん新型イグニスの4WDにもこれらの機能は装備されています。

ただ新型イグニスは発売の2016年2月18日で、納車まで3ヶ月ほどかかるそうですので、しばらくは雪道での走行性能は調べられそうにないのが残念です。

イグニスとハスラー車体価格と維持費

ハスラーはさすが軽自動車!と思わず膝を叩くほどの低価格。

最低グレードでは107万8000円と最近のお高めの軽自動車と一線を画します。

この性能でこの価格はかなり安い!

諸経費入れても120万円を切ります。

ですが最低グレードはカラーもかなり限定され、安全機能も当然ながらカットされています。

安全性やオプション、アクセサリーなど諸々付けると、160万を超えてしまいます。

イグニスはコンパクトカーですので、やはり軽自動車を超える値段がします。

スズキ最新の安全技術はわずか1万弱でオプションが可能で、上位グレードの4WDでも200万を少し超えるくらい。

双方ともエコカー減税対象車ですが、今後の税金や維持費はやはりイグニスの方が高くつくでしょう。

耐久性はやはりコンパクトカーであるイグニスに軍配が上がると考えて間違いありません。

車体価格と維持費の差、そして安全性と乗る年数がハスラーかイグニスかの選択の肝ではないでしょうか。

スポンサーリンク

 - 車ネタ