ブログニュースアルファ

ニュースというよりは面白い、楽しいを掲載していくブログ

アイアンが上手く打てない!急に当たらなくなった時の対処方法

   

スポンサーリンク

アイアンが急に当たらなくなった時どうする?応急処置対処方法

恐らくゴルフをやっていれば誰でも経験があるのではないでしょうか?

アイアンを売っていたら急に当たらなくなり、トップやダフリを繰り返す事。

僕もこんな経験をしながら、現在に至りますが、今でもアプローチでシャンクしたり、急にダフリが始まったりすることがあります。

今回は私の実体験も踏まえて、練習場でもラウンド中でもアイアンがとにかく当たらない時に絞って応急処置、対処方法を書いていこうと思います。

当たっていたアイアンが何故当たらなくなったのか?

この状況に陥りやすいのは、練習量が少ない方、練習量は多いが現状スイングを模索している方が非常に多いのではないかと思います。

ある程度スイングが固まり、そのスイングの精度を上げているような方や、練習に行ってもスイングチェック等をメインにしている方の場合は余程の事が無い限り急に当たらなくなるなんて事はそうそうないでしょう。

急にアイアンが当たらなくなった理由①固める所と緩める所のチェック

まず、ボールに当たっていた時と当たらなくなった時では何が違うのかを探してみて下さい。

ただ、それを探しても当たらない場合に関しては一番は初心に戻る事で解決策が見つかるかもしれません。

・頭の位置が動いていないかチェック。

撃った球の行方はボールをしっかりとアイアンで打った事を確認してからでも遅くありません。

しっかりと目の前で、体の真ん中でボールを捉えてからアイアンの重さで体が回転する流れでボールを確認してみましょう。

・体の緩み、固まり

スイングの最中にゆるめて良い場所と、固めなければならない場所があるかと思います。

どこを緩めてどこを固めるべきなのかを再度チェックしてみて下さい。

脇はしめる、体は流さない、下半身は固める等。

4スタンス理論により必ずしも全員が同じ場所を固めて、同じ場所を緩めるという訳ではないので、自分のスイングでは何処を固めて何処をゆるめてよいのかを調べてみるのも良いかと思います。

急にアイアンが当たらなくなった理由②焦ってませんか?

一度ミスショットをしたことで「アレ?」となり、次のショットを焦って打ってさらに同様のミスをした場合、「いつもと違う、これはヤバイ」という感覚に陥ることがあると思います。

ラウンド中であれば修正をするにも1打と数えられてしまうので、本当に困ってしまいますよね。

また、本番ではない練習の際にも同様に焦りが出ます。

「明日ラウンドなのにこんなんじゃヤバイ」

このような気持ちがスイングをおかしくしているケースがあります。ゴルフは本当にメンタルのスポーツだと思い知らされる瞬間でもあります。

一度ミスをした時は仕切り無しが重要。

次のボールを直ぐに打つのではなく、水を飲んだり、煙草を吸って他の人のスイングを横目で見てみたりする。

深呼吸して、素振りから始めて仕切り直すと以外とどうってことなかったりもします。

急にアイアンが当たらなくなった理由①力が入りすぎていませんか?

何故かその日はグリップに力が入っていたり、飛距離を出そうと腕をブンブンまわしてみたりしてませんか?

飛距離はそう簡単に変わるものではないと私は思っております。

数年前のクラブから最新のクラブに変えた所で、飛距離の差は良い所数ヤードでしょう。

そんな状況にも関わらず、力んだ所で飛距離等変わりはしません。

しっかりとミートさせる、いつもの自分の

急にアイアンが当たらなくなった理由④基本もチェック

アドレス、ボールとの距離、グリップは大丈夫でしょうか?

この中のどれが今までと違ったとしても大きなミスに繋がります。

基本中の基本の部分が出来上がっていない状態でボールを打ってもミスが出るのは当たり前です。

もっと言えば、この基本がしっかり出来ていれば焦るようなミスはそうそうありません。

基本にしっかり忠実なアドレスを取り、グリップをし、いつもと同じ距離感でボールと向き合ってみて下さい。

急にアイアンが当たらなくなったら・・・まとめ

焦る事でミスがどんどん酷くなってゆき、最後には空振りなんてこともありえます。

ここで挙げたとにかく基礎的な内容をしっかりと出来ていれば大きなミスによりアイアンが打てなくなるということはそうそうなくなるハズです。

焦らずゆっくり、しっかりとスイングが出来ればしっかりとボールは前に飛んで行きます。

ということでお役に立てたら光栄です

 

 

スポンサーリンク

 - ゴルフネタ